自分から会社を去る時、会社が無くなってしまう時。会社のブランド力なしで勝負する状況はそれぞれかもしれません。そうなった時に、今の自分のブランド力で何ができるのか? 今から何を準備していくべきなのか? 私自身の経験やさまざまな人たちとの交流を通じて、気づきなどをシェアして行きたいと思います。

夏期休暇取得にひそむ罠

»
これから、遅めの夏休みを取得される方を除いて、多くの方がすでに今年の夏休みを取得され社会復帰されたのではないでしょうか?

さて、この夏休み、一体何日ぐらい取得すべきなのか毎年悩ましい問題ではありませんか?

例年通りの業界慣習に従ったという方もいれば、これまで会社から長めの夏休みの取得を勧められていたが、景気も回復してきているので短めにしたという業界もあるようです。

日常業務やチームの他のメンバーに支障をきたさない範囲であれば、一見何日とっても良さそうに思えます。しかし、社内の動きを察知するという点では、完全に情報から遮断されてしまうことになり、あまり長い休暇を取るのは非常に危険だと思います。

ある方のケースですと、たった1週間休んでいる間に、社内の力関係に重大な影響を与えるような事件が起こっていたり(先週の某ソフトウェア企業のCEOの退任のニュースように・・・)、またある方のケースでは、人員削減の対象者人選が、オフィスに人が少なくなった夏休みのタイミングに密かに議論されていたりしたと、色々お聞きします。

もちろん、リフレッシュのために休暇を取ることも重要です。ですが、ためこんだ有給休暇を一挙にまとめて消化することと、社内の情報から遅れてしまうというリスクを検討し、最大でも1週間に3日程度の有給に留め、それを分散させるなど、自分の置かれている状況に応じて工夫が必要なのかもしれません。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する