SNSに関わる人すべてがwin-winの関係になるための構造をブロックチェーンで作り出す!

Blockchain Powered Platform、ソーシャルメディアのデマを減らす切り札になる

»

Blockchain Powered Platform、ソーシャルメディアのデマを減らす切り札になる

現在のオンライン出版業界では、多くの情報が錯乱し、不安定であるのは周知の事実だ。

インターネットが普及し、オンライン出版業界の商業的な成長、情報の伝達、共有、アクセスの方法を完全に変えた。ところが近年、そのような発展はその業界の未来に対して、ユーザー、コンテンツ制作者などの関わるすべての人たちに不安を与えている。

一番の問題はデマである。人々の間で揉め事や混乱を引き起こすために故意に誤った情報が発信されている。 Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどの世界中のソーシャルメディアのサイトでは、誤解を招く文面や誤った統計情報のニュース記事の発信が多くなっている。これらのニュース記事や誤解を招く情報は、人種や宗教などのセンシティブな被害者の思いや彼らの恐怖を煽るため、自動的に発信をする「ロボット」アカウントによって常々、批判的な意見を発信しているのだ。

この問題は至る所で起こっており、中国は市民に偽りのニュース記事を知らせるためのウェブサイトを作成した。

しかし、研究者によると、このような番人のようなウェブサイトがあるにもかかわらず、ソーシャルメディアのプラットフォームは、非常に長く存在しているこの問題を解決するにもまだ十分ではないと研究者は言っています。この問題に対する透明性の欠如は、人々をさらに不安にさせている。

広告主とユーザーが偽りのニュースを恐れる理由

一般市民にとって、偽りのニュースの問題は非常に恐ろしいものだ。

2017年9月に発表されたピューリサーチセンター調査によると、アメリカの大人の約3分の2がソーシャルメディアからニュースを受け取っている。 2016年6月のロイタージャーナリズムで発表された調査によると、18-24歳の若者のうちテレビのニュースを情報源としているのは24%であるのに対し、28%がソーシャルメディアを主な情報源としてみなしている。

健康方面の問題から有名人のゴシップまで、世界全体の人々に誤解を招き、その偽りのデータに基づいて間違った判断をしてしまうことは言うまでもない。同様に、嫌がらせや疎外感を与えるようなことしかしないA.Iに対し、自らの価値観(または基本的な事実でさえ)を守らなければいけない状況を誰も芳しいとは思っていない。

偽りのニュースは単に社会的な影響を与えるだけではない。それは経済的にも影響を与えているのだ。

ソーシャルメディアはブランドマーケティングの大きな可能性を秘めているが、広告主はそのようなやり取り(いいね、コメント、シェアなど)が合法かつ、その広告費がボットをコントロールする悪人によって搾取されていないとはもはや言い切れなくなっている。

インタビューにて、Robin8(ブロックチェーンテクノロジをベースにしたソーシャルメディアプラットフォーム)の最高技術責任者かつ共同開発者であるHassan Miah氏は、「広告主は彼らに関する偽りのデータを容認し、発信している可能性がある」と説明している。ボットユーザーは数字を水増しさせ、本当の情報を全くもって提供していないないかもしれない。

ソーシャルメディアプラットフォームがそのような問題に適切に対処できない場合、ユーザーは露骨な嘘を含む情報にしびれを切らし、広告主は結果が出ずに悩まされ、発信を止めるだろう。

ブロックチェーンに解決の糸口はあるのか

ソーシャルメディアプラットフォームの功績を踏まえ、偽りのニュースやボットに対するいくつかの解決策が浮かび上がってきている。

YouTubeは、1万人を雇い、迷惑メールのコンテンツやポリシーに反したコンテンツを削除するということに着手した。 Facebookが偽りのニュース記事を警告する"Disputed Flag"をテストとして実施した後、ユーザーが読んでいる記事について関連する記事を発信するようにし、より多くの情報と明瞭さをより与えるようにした。中国最大の検索エンジンであるBaiduは年間約30億件の偽のニュースを調査しており、Tencentは1分間に約1,000件の記事をブロックしている(中国のインターネット大手は1300人の専門家と協力し、解決に励んでいる)。

しかし、多くの批評家は、このような解決法が十分に機能しないと主張している。Facebookでさえ、関連記事が偽りの記事のクリックを阻止するものではないと認めているのだ。(しかしシェアを抑制するのには役立つ。)偽りのニュースを流すアカウントを特定することは依然として重大な課題であるのと同時に、そのようなアカウントの背後の人々はより洗練された方法でその活動を引き続き実施するだろう。

しかしこのような状況は絶望的という訳ではなく、Robin8は実用的な方法を導き出そうとしている。 Robin8はユーザーがデータをコントロールできるよう、ブロックチェーンテクノロジーをベースにしたソーシャルメディアプラットフォームを提供しているのだ。

Robin8 APPは700万人以上のユーザーにアクセスしているほど中国で既にヒットしており、現在、中国国外のすべての人は、コンテンツを共有しマイクロインフルエンサーとなり、お金を稼ぐことができる。 Robin8のグローバルアプリの発売に伴い、ユーザーはRobin8のメトリクスをオンラインソーシャルデータに応用することができるのだ。従来の広告者を含む広告主やブランドは、Robin8のWebサイトに登録をし、コンテンツの拡張のために数百万のマイクロインフルエンサーと繋がることができる。このプラットフォームは、悪い影響を受けるユーザーと広告主の両者において、この問題を対処することを目指している。

またMiah氏はこのように述べている。「あなたがブロックチェーンの世界に住んでいるなら、あなたが真実を言う機会はより増えるだろう。人々はあなたが偽りの情報源であることを追跡できるから。」ユーザープロフィールはRobin8を介してすべての記事、またはシェアされたすべてのビデオがブロックチェーンに記録される。ブロックチェーンは多くの点で匿名性を与えるにも関わらず、ブロックチェーンが記録を取っている場合、あなたがやっていることを不明瞭にするのが難しく流れていくのだ。(あなたが共有している若しくは他人との関わりを持っている偽りのニュースを含む。)

このブロックチェーンの役割により、Robin8プロフィールにも固有の価値があり、「プロファフィールがソーシャルメディアアカウントをと結びつく、若しくはブロックチェーンのプロフィールによって証明された信頼度の高いアカウントと結びつくと、そのプロフィールの価値が高まる。」とMiah氏は言う。

Robin8の設立者は、「あなたのユースケースが広告の場合、広告主はある人の関心事が記事に合っているかつ、多くのユーザーに嘘はないということができる。なぜならばすべてのユーザーがブロックチェーンによって管理されているから。」広告主はRobin8ユーザーが社会的に影響力を与えるインフルエンサーとして参加させることができるのだ。

この揺るがない透明性は、自動的に偽りのソーシャルメディアプロファイルを認識するRobin8エンジンによって成り立っている。しかし、いくつかのボットは同じくらい有能なものであるため、(人間のコミュニケーションのチューリングテストレベルを持っている)学習能力を持つエンジンをうまく避けることは簡単なものではない。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する