ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

有効に時間を使えない人がわかる簡単な方法

»

 時間を有効に使えず、ついつい納期に遅れてしまったり、常に忙しい状況陥ってしまう、大きなプロジェクトや提携業務以外の日々の仕事の管理が出来ない、仕事の効率が悪い、ちょっとした企画やプランでも作成に時間がかかる人を判断できる方法があるという話を聞いた。 

 二つの事象を確認できれば非常に高い確率でわかるそうだ。 一見、つまらないことのように思えるが、その一つ目は、、、

「交通費を貯めずに精算できているかどうか」だそうだ。

 仕事の管理、時間の管理が出来、人が刻む時に追われずに自分で時を刻める人は、「交通費を後でまとめてやろうとせず、すぐに片付ける」のだそうである。

 交通費や出張精算を日々行えていないか、日々交通費の記入は毎日行えていない人は、自分でリズムを刻めていない「何でも、納期直前にまとめてやる」タイプであり、多くの場合、時間管理や仕事の管理が出来ていないことが多い。

 実際の申請が週1回であっても、必ず発生時点で記載をして申請している人は、まだ良いが、1ヶ月、2ヶ月とためていって、ひどい人になると、精算可能の期限ぎりぎりまで貯めてしまって、数ヶ月に一度精算するという人もいる。

 交通費や出張費の生産を1ヶ月以上貯めこむような人は、往々にして会議は開催時間のぎりぎりに来たたり仕事の納期も間に合わないことが多く、毎度のように、遅刻したり、納期が間に合わなかった言い訳をしている。 例えば、

・電車が遅れた

・プリンターが壊れた

・PCの調子が悪い

・緊急の業務が入り、優先順位の高い仕事に追われている

・お客様でトラブルがあった

など、早めにやっていれば問題ないことを言い訳をする場合が多く、これは明らかに、時間の管理が甘い。

 たかが交通費精算と考えず、この程度の業務こそ、毎日、短い時間をうまく使って、いけるようにしたいものである。

 二つ目の質問と、この二つを自ら解決する方法を聞いたので、私も実践してみてから別途、皆様にご紹介したい。

<追伸>

 私は?? ノーコント

Comment(8)

コメント

ありそうな話

ちょくちょく出すと課長から嫌がられるので、ちゃんと毎月精算しているという人はどうでしょうか?
 上司がこういう視点で見ているとすると、とても嫌です。

・電車が遅れた
・プリンターが壊れた
・PCの調子が悪い
・お客様でトラブルがあった
ううー、どれも1回以上言い訳したことがあります・・・(涙)

ありそうな話さん

>ちょくちょく出すと課長から嫌がられるので、
>ちゃんと毎月精算しているという人はどうでしょうか?

→実際の精算は月次だとしても、毎日ちゃんと交通費を記載していれば、それはそれでいいのではないでしょうか?
 「まとめて」が最も問題のようです。

トラパパさん
私も殆ど言い訳に使ったことがあります(笑)。
遅刻、納期遅れの時の「言い訳集」というのをもらいました。今後、お披露目します。 かなり面白い。

おぉ。私は「交通費を貯めずに精算できているかどうか」は、全然ダメです。遅くなると自動的に自腹になってしまいます。国内ならまだしも、海外の未清算のログが精算システムにログインすると並んでいて、自分の無能さをいつも泣いています。今月もまだ精算してない・・・orz

とおるさん
私も、、、、人の事は言えない。

思い当たる感じがあって納得しました。
確かにその傾向はありますね。

私は子供のころ、「整理整頓ができない子は頭が悪い」と教師に言われたことを強烈に覚えていて、悔しかったので、それだけは何とかしようと思いますが、
往々にして、物理的な片付けができない人は、
頭の中も片付けられないような、気がします。

せりあさん
 そうですね。トヨタの3Sはやはりすべての基本ですね。
そういう私も今週は、3件も納期を守れないものがあったので、反省しています。
 新たな自分の業務効率化、整理・整頓、時間管理の方法を来週から実践するつもりです。
 コメントありがとうございます。 せりあさんのブログにもお邪魔しますのでよろしくお願いします。

コメントを投稿する