世界のビジネストレンドやITサービスから生まれる新しい働き方のヒントを追う。

23.家族と働き方2 -神山での試み4-

»
昨年11月には
「私は東京生まれ東京育ち、結婚してからも親と同居の身で、実家を出ての生活をしたことがありません。」
というエンジニアが、奥様と子供2人で神山に来て仕事をしていた。
 
当社の中でも家族で神山に来るのがすっかり普通になった感じがする。
 
私がコメントするまでもなく、きっちりものの彼が振り返りをしてくれているので引用。
 
-------------------------------------------------

仕事に集中する:△

結局自分の時間の使い方次第なんですね。

なんとなく集中できそうとか、なんとなくクリエイティブな発想が出来そうとか

思い込みだけでは、成果は勝手にはついてきません。

自分がパフォーマンスを最大限に発揮できる手法を知り、

それを実現するための環境を意識的に活用しないと意味はない!

イン神山を実体験する:〇

2週間という短期間に凝縮させたので、自分や家族の成長を感じられる

充実した時を過ごすことが出来たと思います。

間違いなく、環境は人を変えます!

環境を変えるということは行動するということ。

東日本大震災以降「働き方を変える」というキーワードをよく見聞きするようになりました。

それは単にオフィス以外で働くことが重要なのではなく、

個人と組織が働きやすい環境を見つけることこそが重要なのだと思います。

   

家族との時間を作る:〇

仕事中以外は家族と過ごすことが出来ました。

朝昼晩飯を共にし、子供を風呂に入れて、寝かしつけ。

一人でも大変なのに二人の子供の面倒をみている妻の偉大さを知りました。

また、妻と会話する時間が増え、自分たちの方向性について

理解を深められたことはよかったです。

023_kamiyama1

023_kamiyama2

023_kamiyama3

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する