世界のビジネストレンドやITサービスから生まれる新しい働き方のヒントを追う。

12. タブレットPCで働き方を変える2 -まずは使ってみる-

»
 前回、タブレットPCの利用が個人から法人にも広がっているという話をしましたが、
いくつかの調査でもその傾向が見えてきます。

 

 これらの調査によると、企業でのスマートデバイスの導入率は、タブレット端末が2012年には前年の倍となる18.4%となり、
 スマートフォンの17.8%を既に抜いたとのこと。
 更に、企業が業務用途で購入するタブレット端末は2012年の1300万台から2016年には5300万台に達すると予測されています。

  皆さんも、タブレットPC、特にiPadを導入した企業のニュースをこの1年ぐらい良く目にしませんか?

  私は、仕事柄気にしているからかもしれませんが、数日に1度はメディアで目にしているような感覚があります。
  半年ほど前には、「野村証券、営業社員8000人にiPadを導入」という記事が大々的に出ていたのをはじめ、
  その後もJAL、ANAでの導入、最近だとJR東日本でiPad miniを大規模導入したというニュースがありましたね。

  一部の先進的な企業から始まったタブレットPC導入の流れが、大手企業にも広がってきています。

  まだ仕事にタブレットPCを利用したことが無い方や会社は、まずトライしてみては如何でしょうか?

  タブレットPCのようなITツールを活用して「働き方」を変えられるかどうかで、個人や企業の生産性の差は、間違いなく大きくなってくると思います。

012_tablet_business
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する