業務効率化コンサルタントして、たくさんの企業の「業務」を客観的に見てきました。「ムダ」や「効率」について、感じたこと考えたことを、気ままに書き綴っていけたらと思います。

クールじゃないよね「クールビズ」って。

»
お盆を過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

今日、駅の人混みの中で、
ネクタイを締めて、スーツの上着を羽織った方に目が留まりました。

お仕事の事情あってのことだと思いますが、そうやって目に留まるくらい、
この季節のネクタイ着用は、少数派になりました。

数年前までは、意地でもネクタイをしていた気がしますが
節電などの影響も重なり、クールビズもすっかり定着したのだと思います。


さて、今日の「ムダ」だなあと思うこと。

『当社はクールビズを推進しています。
○月○日~○月○日は、ノーネクタイでお願いします。』

会社の受付なんかでよく見かけますよね。

あれ、ずーっと疑問なんですが、
誰のために表示してるんでしょうか?

1) 「うちの社員はノーネクタイですが、お許しを。」という弁明
2) 「お客様もどうぞノーネクタイで来てください。」という呼びかけ
3) 会社としてやってますよ、という意思表示

なんかどれもしっくりきません。

もちろん、あの表示を見ても、嫌な気持ちはしないですし、
むしろ丁寧だなあ、ちゃんとしているなーとは感じますが、
【なくても誰も困らない】=ムダ というのが、本音のところです。

たかが小さな張り紙ですが、日本中かなりの枚数あると思います。

誰かが原稿を作って、印刷して、貼って、剥がして。。
大きい会社になると、「表示場所管理表」みたいな一覧表で
ちゃんと管理している方もいるんですかね。


うーん。

もし、どうしても「クールビス」という取り組みについて意思表示するのであれば
本当に必要な場合だけ、に限ったほうがよいと思います。


本当に・・・必要な・・・場合??


『当社はクールビズには賛同していません。
お客様は必ずネクタイ着用でお願いいたします。』


それも変。


やっぱり、あの張り紙っていらない!
いらないと思ったら、余計目につくようになってきた!

だって、オトナなんだから、TPOをわきまえてネクタイをするくらい当然ですよね!
そんなクールビズなんていちいち言わなくても、もう大丈夫ですよね!!

来年からはやめましょうよ。ムダですって!!!

うがーーー。


・・・熱くなりすぎました。
次回からはもうすこしクールな記事にします。

<まとめ> 
・「誰のため」に「何のために」という目的を問い直す。
・なくなったら困る?/あったら得する?という視点で必要性を検証する。
・どうしても必要な場合にはどうしたらよいか?と代案を考える。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する