ある時は販売員、ある時は営業マン、またある時は社長業! 経営に現場に走り回る日々の気づきブログ。元気の源は「ありがとう」。言う時も言われる時も気持ちのいい、魔法の言葉! 接客や営業ノウハウを中心に書いていきます。

常に「やる気」を保つためにしている5つのこと

»

 こんばんは! 走る社長、貫洞です。今回は、今月のお題「やる気を出す方法」について書きます。

 そもそも、やる気というのは体力・気力ともに充実している時に自然に湧いて出るものだと思っているので、わたしの場合は「体力・気力が充実している状態をなるべく長くキープする」ように自身をマネジメントしています。

 わたしがどんなに「現場が好き!」と言っても、携帯ショップの店頭で7日間連続で立ち続けたら体力が持ちません。どんなに「営業が好き!」と言っても、気分転換もせずにだらだらと長時間の仕事をし続けていたら気力が持ちません。


 これを防ぐためにわたしがしていることは5つです。

1.睡眠は必ず8時間取れるようにスケジュールを組む
2.5日働いたら1日休む
3.飲み会の予定は連続して入れない(1日空ける)
4.1日に1時間は「仕事以外で自分が楽しいと思える時間」を作る
5.自分の素性を知らない友達を持ち、趣味の話で没頭する

 1と2は完全に体力マネジメントです。これを基本にしておくと、突発的に短時間睡眠や休み無しで乗り切らなければならない時があっても、体力の貯金が出来ているので少しなら無理がききます。3は健康のために休肝日を設けるためと、飲み会が続くと1の睡眠時間が確保できなくなるため、あらかじめ自分の中でルールを決めています。
 4と5は気力のマネジメントです。わたしの場合は朝ジョギングをしたりロードバイクに乗ることでとても気持ちが安定します。足を休めている時は、好きな小説や漫画を読んだりアニメを観て過ごします。没頭していると2時間くらいあっという間に過ぎていたりしますが、不思議と心が軽くなっています。
 このルーティンが守れていれば、基本的に「やる気はいつでも出せる!」という状態に自分をキープできます。

 会社経営をするまでは、目先の営業成績を気にして仕事を詰め込んだり、飲み会の予定もどんどん詰め込んでしまい、なんとなく力が出ない、本来頑張りたいものである仕事がイヤになってしまうという、本末転倒な日々でした。
 

 人によると思いますが、人はある程度「一日のペース」「一週間のペース」「一か月のペース」が決まっている方がやる気の振れ幅が小さく出来ると思います。

 最後になりますが、わたしの「やる気を出す必殺技」は、どの現場にも会いたい人を作ること! これです。仕事は人と人が会ってするものですから、会いたい人がいれば頑張れます。若い頃は人間関係がうまくつくれなくて、よく出社拒否をしてしまっていました。今は幸いそういう事が無いので、どこへ行っても会いたい人に会えて、とても幸せなのです。
 ...ちょっと真面目すぎましたかね?(笑) 他の方の更新が楽しみです! どんな方法でやる気を出しているのか、必殺技をたくさんストックしておこうと思います!


  

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する