事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

経験者を一瞬で用意する

»
取引先を紹介してもらい、打ち合わせと契約に出向きました。

立体駐車場を作っているメーカーですので、最初に聞いていた通り、鉄板の溶接の仕事でした。

言うまでもありませんが、飾り物を作るのとは違って一定の溶接強度が必要ですし、X線を使って溶接の出来具合を確かめたりします。

担当の方からは、当然ながら対応できる溶接の経験者が必要と言われました。

私の返事は「経験者はいますので、おまかせください!」です。(笑)

その場で話がまとまり、契約書などをもらって、入れる日時などを決めて帰ってきました。

そこまでは予定通りですが、半自動溶接の経験者はいませんので、他の現場で仕事をしてもらっている従業員に行ってもらうことにしました。

私の高校の時からの友人です。

鉄板の溶接の経験はありませんが、一番信頼できますし、彼なら何とかすると思ったからです。

溶接の経験者を探して入れることはできましたが、この場合はケツを割るかもしれないという大きな不安があります。

技術や人間性、周囲との適応能力など、実際に使ってみなければ分からない部分も多くあります。

一人目の人材が重要なのは身を持って経験していましたので、いくら溶接の経験者であっても、どこの馬の骨かもわからない人材を入れるわけにはいかないのです。

それよりも、溶接なんて慣れたらできるはずですので、あらゆる面から信頼できる人材が一番なのです!

友人には「経験者と言ってあるから、その場で適当に何とかしてくれ」と言いました。

すると、「行くしかないんやろ?」とあっさりした返事が帰ってきました。

普通なら「そんなんめちゃくちゃですよー!絶対無理、無理、無理。不可能です!」という返事が帰ってきますし、過去には実際に何度も耳にしています。(笑)

そこは、勝手知ったる私の友です!

何を言い返しても私は「とにかく行け!何とかしろ!」としか言わないのをわかっていますので、今回の話が出た時から覚悟はできていたわけです。

そうした理解もあって、経験者を一瞬で用意することができました。(笑)

そして、スムーズに人材をれることができたのです。

(どこがスムーズやねん?)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する