事業アドバイザーとして活動する以前は、会社の経営者として様々な事業を立ち上げていました。その時代の失敗談、成功談から最近の事業アドバイス事例、改善事例など、事業繁栄のヒントになる実体験を書きます。

ダメ社長にありがちな金遣い

»
ある日、専務が「社長、もうちょっといい車に乗ったらどうですか?その方が皆も喜びますよ?」と言ってきました。

会社の社長らしい見栄えにした方が、従業員もプライドを感じるということでした。

たとえば、「これがうちの社長や!」と友達に紹介した時に、それなりに見えれば、それなりの会社に行っていることがわかります。

でも、平凡な外観であれば、友達の目には頼りなく映ってしまいますし、何よりも堂々と言うことができません。

私は車に興味がなかったので、家族で便利なワンボックス車に乗っていました。

確かに、それでは社長に見えません・・・。

そう言われると、今まで何とも思っていなかった車が、突然、ポンコツに見えました。(笑)

どんな車がいいのか聞くと、「ベンツ、BMWはたくさん見ますし、ジャガーなんていいんじゃないですか?」ということです。

それを聞いた瞬間、私の単純な頭の中にはジャガーが走り回っています。(笑)

そうなると、すぐにでも手に入れたくなりますので、もう仕事どころではありません!

仕事を早く終わって、そのまま二人で車を買いに行きました。

販売店に着くと、紺や緑系統の車が多い中、一台だけワインレッドのジャガーがありました。

それが気に入ったので、その場で買いました。

車の話が出てから、3時間後には高級車を衝動買いしていたのです。

その当時はゴルフに熱心でしたので、数十万円のゴルフセットも新調して、妻の軽自動車も買いました。

さらに、付近の土地を何軒分か買うなど、儲けた社長にありがちな金遣いをしていました。

あっという間に年商で億を超えるくらいの事業になりましたので、当時は金銭感覚が狂っていました。

また、儲けたお金で必要がない物を買うのは、ダメ社長の典型的なパターンです。

本来は、利益は事業の発展や次の事業に回さなければならないのですが、そんなことは考えていなかったのです。

こうした金遣いになる社長はいますが、当時の私と同じで、お金をどう使ったらいいかがわからないということですね。

だから、金銭感覚が狂っていることもあって、普通では買えない余計な物をポンポン買うわけです。

そして、それが下り坂の入口になるのです。(笑)

こう書くと、これがきっかけで私も転落していきそうなものですが、まだまだ勢いは止まりません!

無茶ぶりがさらにエスカレートして、無茶苦茶な事業拡大に進んでいったのです。

Comment(2)

コメント

学生

飛び込み営業にてついて検索していたところ、ここの話に行きつきました!
一通り読みましたが、とても面白かったです

話の続き楽しみにしています!

学生さん
一通りお読みいただき、ありがとうございました。
今後はさらに面白い話になっていきますので、ぜひご期待ください!
飛び込み営業しなくてもいいヒントが出てくるかも知れません。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する