IT道はどこまで行っても続いてく、どうせ歩くなら楽しいIT道を。