大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

社会構成体の変遷を「交換様式」から読み直す試み

»

Brush.jpg

今の時代の所謂「閉塞感」の中で、オルタナティブなライフスタイルやビジネスのあり方を模索するには、どうすればいいのか。

たとえば:「問題解決のドライバーとなるべきイノベーションが足りないのではないか」というようなことがよく言われるわけですが、そのような議論では真の解決は見出だせないのではないかと、僕自身は物足りなさを感じていました。

学生時代から柄谷行人氏の著作に注目し、愛読してきました。難解な文芸評論で有名な柄谷さんですが、90年代以降は社会構成体の歴史、すなわち「世界史の構造」を「交換様式」から読み直す試みを続けておられます。

これが拍子抜けするほど単純化された図式なので、読み始めた頃は、こんなにシンプルな切り口で本当にいいのか?と訝りました。

[交換様式の4つの象限]
交換様式A:贈与と返礼という互酬交換
ドミナントな社会構成体=共同体(平等で不自由)

交換様式B:略取と再分配または服従と安堵
ドミナントな社会構成体=国家(不平等で不自由)

交換様式C:商品交換(貨幣と商品)
ドミナントな社会構成体=資本(不平等で自由)

交換様式D:定住によって失われた遊動性の高次元での回復
上記の交換様式A/B/Cが高度に発達した段階で普遍宗教が可能性を開示(平等で自由)

この中で、交換様式D(平等で自由な社会の在り方)は、まだ永続的・安定的に存在したことがなく、人々の視界の中に入ってこない。そのため、我々はナショナリズムと国家主義と資本主義が錯綜する中を堂々めぐりしてしまうしかない。

では、柄谷さんがいうところの「交換様式D」は、いかにして実現されるのか?あるいは実現されてきたのか?

それは「普遍宗教」というカタチをとるのだと柄谷さんは言います。そしてここでいうところの「普遍宗教」はいわゆる「宗教」ではないのだと。むしろ唯物論的・無神論的な取り組みによってこそ「普遍宗教=交換様式D」は実現されるのだと。

それは意外に単純なことなのではないかと僕は思っています。すなわち「第三の道」あるいは「第四の道」はあるのではないかと。カントがいうところの:『他者を手段としてのみならず同時に目的(自由な主体)として扱う』ことは可能ではないかと。

:::::

柄谷さんは近著「哲学の起源」の中で以下のように述べています。

【哲学の起源/柄谷行人】
どんな社会構成体も四つの交換様式の接合としてある。ただ、それらはどの交換様式が支配的であるかによって違ってくる。たとえば、氏族社会では、交換様式Aが支配的である。現実には交換様式BやCの要素も存在するのだが、Aによって抑えられているのである。つぎに、国家社会では、交換様式Bが支配的であるが、むろんここには交換様式AやCも存在する。たとえば、農村共同体が存在し、都市には商工業がある。近代資本制社会では交換様式Cが支配的となるが、旧来の交換様式AとBは存続する。封建国家は近代国家、そして、解体された農業共同体は「想像の共同体」としてのネーションに変形される。かくして、資本=ネーション=国家という接合体が形成される。それが現在の社会構成体である。(中略)

交換様式Dに関して重要な点は、第一に、それがA・B・Cと異なり、現実に存在しないということである。第二に、それは人間の願望や理想の産物ではないということ、むしろ人間の意志に反して生まれてくるということである。

https://www.iwanami.co.jp/book/b261012.html

Comment(0)