大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

A.I.は電気言語の夢を見るか?

»

K5II8256.JPG

既存の言語の全ての語彙と文脈の構造を人工知能が把握すると、言語の垣根が無くなると同時に、既存の全言語と互換性があり、それらを超越するようなメタ言語が生じる可能性がある。それはもはや文字や音声である必要はなく、コンピュータ間で交わされるプロトコルのようなものになるだろう。

それはすなわち、翻訳しない限り人間には理解できない新たな言葉が生み出されるということであり、つまるところ人間は疎外されることになる。ちょうどJKの会話にオジサンが加われないように。

「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1611/21/news096.html

GoogleのAI翻訳ツールは独自の内部的言語を発明したようだ、そうとしか言えない不思議な現象が
http://jp.techcrunch.com/2016/11/23/20161122googles-ai-translation-tool-seems-to-have-invented-its-own-secret-internal-language/

Comment(0)