大量消費をボイコットしはじめた生活者視点からのインサイトメモ

2012年の3大ニュース(入手)!:番長と遊ぼう!

»

本年(以降しばらく何十年か)は、 昨年にも増して大変な出来事の連続になると思います。 (間違えました!未来完了形で言わないといけなかったですね!) 事務局だより:「2012年の3大ニュース:番長と遊ぼう!」 http://blogs.itmedia.co.jp/jimukyoku/2011/12/20123-848a.html もとい、 2012年も大変な出来事の連続でした。 2013年は昨年にも増して大変な出来事の連続となるでしょう。 しかし我々は、 坂口安吾の言葉(堕落論)に従えば:「堕ちる道を堕ちきることによって、 自分自身を発見し、救わなければならない」のだと思います。 そして「正しく堕ちる道を堕ちきる」ためには、 正しく「飲む打つ買う」、もとい、 正しく「飲み喰い」することが何より肝要です。 古来諺にもある如く: 「羊羹、良う噛んで食べなアカンよぅ D.C.」 今日は、2012年に小生が食生活の上でお世話になった(であろう) お店とその逸品をご紹介したいと思います。 ::::: コーヒー豆処ブラウンチップさんの生豆【福島県いわき市】 http://www.gurutto-iwaki.com/detail/index_67.html ブラウンチップさんは、ブラジルの下坂農場から直輸入した 「カルモシモサカ」というコーヒーの生豆を中心に揃えておられます。 コーヒーを自分で焙煎して飲むようになったのは、 こちらのお店(荻窪店)との出会いがキッカケでした。 最初はローストもミルで挽くのもお店にお願いしていました。 コーヒー豆が入った通勤カバンを抱えて中央線の電車に乗り込むと、 クラクラと目眩がするくらい良い香りが立ち上ってきたものです。 今では生豆を手網で炒って、手回し式のミルで挽いたコーヒーを飲むことが、 自分たちの生活のリズムの中で欠かせない要素になっています。 Coffee_3 ::::: ほまれ酒造さんの「にごり酒 四段仕込み」【福島県喜多方市】 http://www.aizuhomare.jp このお酒を初めて飲んだのは、震災の年の暮れでした。 (つまり先週のこと) 多摩地区に展開する地元のスーパー「アルプス」さんの店頭で フリーランス・アナウンサー唐橋ユミさんの写真をあしらったPOPを 添えて大々的に売り出されていたのです。(ジャケ買いですw) POPをよく読んでみると、 このお酒の蔵元は唐橋ユミさんのご実家との由。 さっそく大好きなにごり酒を一本いただくことに。 彩りゆたかな香り、こくのある甘み、美しく淡い色味... 言葉の本来の意味での「まったりとした」味わいです。 Nigori ::::: ワーカーズ・コレクティブ凡さんの「ブルーベリーソース(花井農園)」【多摩地区】 http://www.bon-machida.or.jp/syohin/blueberry/index.htm 美味しい「ブルーベリーソース」を手作りしておられる こちらの企業組合ワーカーズ・コレクティブ凡さんについては、 以前ブログでご紹介した生活クラブさんからお話しをお聞きしていました。 ブログ記事: 『生活クラブ』というシンプルな名前の、消費者ライフスタイルのオルタナティブ。 今回(2011年11月)入手できたのは、 以前からリンゴを分けていただいている八王子恩方地区の果樹園 花井農園さんのブルーベリーを使った特製品。 こちらの農園で栽培されたブルーベリーは糖度が特に高く、 調製時に砂糖が少量で済んだというほど、天然の甘味があります。 この花井農園さんのブルーベリーソースは一般には流通しておらず、 花井農園さんの事務所に在庫してある分しか入手することができません。 (同様に花井農園さんのリンゴも現地でしか手に入りません) 花井農園さんのWebサイト: http://hanainoen.web.fc2.com/ Hanai

Comment(2)

コメント

miyaさん

にごり酒 旨そうですね。
毎月タイにお酒を持って行っているのですが、どうしても私の舌では美味しいお酒というのにはかなり偏りが出てしまうのです。
このところ定番なのは、村祐の常盤と云うお酒で、こればかり持って行く事になってます。
友人に飲んでもらうのに、自分が自信を持って美味しいと云えるお酒でないと納得出来ないのです。
今度機会があったら、このにごり酒を試してみます。

もともと雑味の多いお酒が好きですが、
最近は、にごり酒ばかり物色してますw

今回の「会津ほまれ」さんは、
いいお酒に出会えました♪