世の中にはまだ知られていないスポーツがたくさんあります。日本では知られていないけど海外では有名だったり、いまこの瞬間に生まれているスポーツや、障害者の方が楽しめるスポーツなどなど。このブログでひとつでも新しいスポーツを知っていただき、ぜひ楽しんでもらえればと思います。

2万円以内で行く、ジェットスターと四季倶楽部を使った一泊二日大分湯布院の旅

»
 最近、JR九州が運行を始めた「ななつ星」の影響か、九州各地の観光地がクローズアップされています。中でも湯布院はななつ星の一泊二日、三泊四日のコースどちらにも立ち寄る人気の温泉地です。そんな湯布院に東京から飛行機+宿泊費込みで2万円以内で行けるってご存知ですか?

 先日とある用事で九州は大分に行くことになりました。いつもならば旅行会社のパック旅行を検索し、羽田~福岡往復航空券+福岡 市内のビジネスホテルで2万5千円といったパックを予約するのですが、急な用事だったため予約ができません。こういったパック旅行の多くは出発5日前締め切りが多かったりするので。
 
 でも、よく探してみると前日予約までOKのパックがあるではないですか。それはLCCのジェットスターを使ったプラン。検索してみると空きもあったため予約しようか、と思ったところで手が止まりました。用事は1日で終わるし、どうせだから少し足を延ばして温泉にでも入ってくるか・・・。
 
 
福岡まで片道5,590円!

 パックの旅行では福岡市内のビジネスホテルしか指定できないため、ジェットスターのホームページで空いている便を検索すると、成田7:20発福岡行、帰りは福岡20:00発成田行が空いていたので予約することに。驚いたのはその価格。成田発福岡行は5,590円、福岡発成田行は6,490円って・・・。手数料や座席指定をしても成田福岡の往復が13,000円ちょっとで行けるとは、LCC恐るべしです。

■ジェットスター http://www.jetstar.com/jp/ja/home
    
 ただ、注意が必要なのが荷物の重さと大きさ。基本的に10キロまでしか手荷物は持ち込めません。それ以上の重さの場合は受託手荷物として別料金を支払って空港で預けなければなりません。LCCでなければ手荷物以外の荷物もカウンターで無料で預かってもらえると思いますが、そのあたりは割り切ってしまいましょう。10キロって結構ありますし。
 
ジェットスターの受託手荷物について http://www.jetstar.com/jp/ja/planning-and-booking/baggage/cabin-baggage
 
 インターネットでチケットを予約する時に、受託手荷物が確実に発生するとわかっていれば、一緒に予約しておくと費用が安くなります。

 ちなみにジェットスターには初めて乗ったのですが、噂通り座席の間隔は狭いです。ただ私は身長165センチのためそこまで狭くは感じませんでした。これが身長180センチ以上だとかなり窮屈だと思います。  

 リクライニングも使えるみたいですが、私を含め周りの人で使っている人はいませんでした。なんというか使うと後ろの人がどれだけ窮屈になるかわかりますので・・・。ただ2時間以上乗っているとさすがに辛いかもしれませんが、それ以内であればあまり気にならないと思います。

image.jpeg
ちょっと狭いかも・・・。でも座ってみるとそこまで狭さは感じません。

 
湯布院に5,000円で泊まる
 
 次に温泉宿の予約を。用事がある場所にほど近い湯布院にしようと思ったのですが、何といっても高級なイメージのある温泉地。検索してみると一泊3万以上なんてところがごろごろあります。うーん、さすがに高いと感じた時に思い出したのが「四季倶楽部」です。

■四季倶楽部 http://www.shikiresorts.com/

 友人との旅行で何回か使ったことがあるのですが、「四季倶楽部」は企業の保養所などの経営を受託したりして一泊朝食付き5,250円で泊まれる施設です。入湯税がかかる施設もあります。
 
 四季倶楽部で検索をしてみると、湯布院にも宿があるじゃないですか!ちゃんと露天風呂もあって部屋も清潔そう。当日は晩御飯を食べて行くので、夕食なしのプランを予約することに。ちなみに夕食付きプランにすると8,400円になります。

 今回利用したのは「ゆの香 湯布院」です。
 
 これで12,080円+5,250円で17,330円で2万円以内で東京から湯布院一泊二日の旅ができるわけです。もっとも福岡空港から湯布院までの交通費は高速バスの往復で5,000円かかってしまうので、仮に成田福岡往復の最低料金11,180円で行けたとしても2万円以上になってしまうのですが・・・。

image1.jpeg
部屋からはこんな感じの眺めです。
 
 
ちゃんと2万円以内で湯布院に行けます

 と言うわけで、2万円じゃ行けないじゃん!と思った方にはこちら。今回、私は用事があって福岡経由で行きましたが、ジェットスターでは成田大分線も就航しています。こちらは成田大分往復の最低料金は10,980円、大分空港湯布院の高速バスが往復2,500円なので、四季倶楽部の宿泊費を入れても18,730円となります。これで2万円以内の旅費で湯布院でまったりと温泉に漬かってこられるわけです。
 
 さすがにジェットスターも平日かキャンペーンでないとこれだけ安い便はないのですが、もし急に代休をもらったりして平日休みになったときにはちょっと検索してみてはいかがでしょうか。四季倶楽部のほうは年中いつでも5,250円です。

 これからの季節、湯布院は紅葉が見ごろとなり、湯布院の見どころでもある「朝霧」も出やすくなるとのこと。「朝霧」は寒暖差が激しいと出やすくなる、とタクシーの運転手さんが言ってました。

 みなさんもぜひ、ジェットスターと四季倶楽部の組み合わせで気軽に湯布院に行ってみましょう!
 
 なんか広告みたいになってしまった。

お勧めコース
 
せっかくなので個人的なお勧めコースもご紹介。私は運転が好きなので、全部レンタカーでの移動を前提にしています。

 1、福岡空港着→湯布院泊→大分空港発
   1日目は福岡空港から虹の松原→呼子で烏賊刺し→唐津城→博多でもつ鍋or水炊きorとんこつラーメン→湯布院へ
   2日目は湯布院散策→時間があれば別府地獄めぐり→大分空港から東京へ

image4.jpeg
お一人様用水炊きなんてのもあります。

 2、大分空港着→湯布院泊→大分空港発
   1日目は時間があれば別府地獄めぐり→湯布院散策→宿へ
   2日目はやまなみハイウェイを通って九重連山→大観峰→余裕があれば阿蘇山→同じルートを戻って湯布院→大分空港へ

image6.jpg
やまなみハイウェイはドライブに最適です。

 やまなみハイウェイのドライブは本当にお勧めです。ただ、どちらもかなり疲れると思うので、2日間とも湯布院でゆっくり過ごすのもお勧めです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する