世の中にはまだ知られていないスポーツがたくさんあります。日本では知られていないけど海外では有名だったり、いまこの瞬間に生まれているスポーツや、障害者の方が楽しめるスポーツなどなど。このブログでひとつでも新しいスポーツを知っていただき、ぜひ楽しんでもらえればと思います。

スポーツと共に進む 地域密着で東京にバスケットボールを根付かせる プロバスケットボールチーム東京サンレーヴス 後編

»
東京サンレーヴス原島社長とのインタビュー後編です。


P5251763.jpg

◆巡業方式とありましたが、なぜそのような方法を思いついたのでしょうか?

 先ほどもありましたが、東京は土日に会場を確保することが非常に難しい。年間を通して同じ会場となるとさらに難しくなります。そこで我々は今までのブースターに会場に来てもらう発想を変えて、地域に我々の方から出向いていくことにしました。そのことにより、その地域性を活かし、地域に合わせた活動をすることができるようになります。

 まずはメインのホームタウンを1か所決めて、残りの会場をサブホームタウンとします。メインホームタウンは4年後に開設される予定の、武蔵野の森総合スポーツ施設(調布市)を考えています。サブホームタウンはこれから東京で国体が開かれる予定の体育館であったり、新規に開設される体育館を予定しています。

 そしてこのような体育館で毎年決まった時期に試合を行うことにより、会場の確保が容易になり、行政などとの信頼関係も構築することができます。それと地域に出向いた時にはユニフォームに東京サンレーヴス+「開催地名」をいれてより親近感を持ってもらおうと思います。「おらの街のチームだ!」なんて具合に(笑)

 メインのホームタウンは開幕戦、シーズン中盤、最終節で行い、そこには各地域のブースターに来てもらいます。そうすれば1万人規模の調布のアリーナでも人を集めることが可能になると考えています。

◆色々な地域に出向いて多くのファンを獲得していくわけですね。まさに地域密着ですね。ではチーム名「東京サンレーヴス」とはどのような意味なのでしょうか?

 チーム名は初め、アパッチにするかどうかも含めて検討しました。ホームページでの公募も行い300を超えるチーム名が集まりました。そこで東京とはどんな場所なのかを考えてみると、全国から夢を叶えるために上京したり、夢を託したり、東京では何かできるのではないかと感じさせる街だと。そこから「夢」がキーワードになり、夢・未来のある「青少年育成」「スポーツ振興」「地域産業」「地域活性化」「エンターテイメント」が活動理念として生まれました。フランス語で「サン」は5つ、「レーブ」が夢と言う意味です。東京はグローバルな都市なので、英語ではなく響きもいいフランス語のチーム名を公募の中から選定しました。

◆なるほど、5つの夢が込められているわけですね。では東京サンレーヴスを通じて実現したいことを教えてください。

オールスター.jpg

 野球やサッカーと違い、まだまだメジャーではないバスケットボール。我々は地域に出向くことによってバスケットボールの面白さをより多くの人に知ってもらいたいと思っています。子どもだけでなく、大人もお年寄りも皆でバスケットボールを見て楽しんで元気になって頂きたいです。そして明るい話題を提供することで地域の活性化にもつなげていきたい。東京サンレーヴスはプロのチームである以上、強くなくてはならないのは当然ですが、地域密着の市民球団であることを忘れずに、市民と一緒に作っていくチームでありたいと思っています。そのために地域のイベントにも積極的に参加し、地域に愛されるチーム作りを行っていきます。

◆地域の人たちと一緒になって盛り上げていく。まさに地域密着だからこそできることですね。それでは原島さんの夢を聞かせていただけますか?

 最近の日本は少し元気がありません。元気を出すためには人と人との思いやりや、触れ合い、コミュニティを作っていくことが大切です。家族でもそうですし、職場でもそうです。私は温泉事業を行っていて、このようなコミュニティ作りは非常に重要だと思っています。サンレーヴスを通じてコミュニティを作ってもらい、失われつつある触れ合いを取り戻しながら皆が楽しく健康に過ごせるような場を提供していきたいですね。

◆最後にこれから東京サンレーヴスのファンになって頂く方たちに一言お願いします。

 シーズンが始まる前の9月29日に、関東にあるbjリーグのチームとプレシーズンゲームを行います。ここではご当地グルメを味わえたり、それぞれのチームのチアのパフォーマンスで会場を盛り上げていきます。当日は、1日2試合を行い、バスケットボールファン、そして初めて観戦する方でも楽しめるイベントになりますので、「東京復活」を皆さんも一緒に盛り上げてください!そして新しいチームと言うことで、まだまだこれからの部分はありますが、一緒にチームを作り、一緒に喜び、一緒に感動し、様々なことをブースターと分かち合っていきたいと思います。

◆原島社長、ありがとうございました!

原島社長とのインタビューいかがでしたでしょうか。東京にまたバスケットボールが帰ってきます。シーズン開幕直前に行われるプレシーズンマッチも非常に楽しみですね。その他イベントなどこれから地域密着で行っていくと思いますので、ぜひホームページでイベントの情報を確認してみてください!

東京プロバスケットボールクラブ株式会社



クリック募金でスポーツを応援するスポクリもよろしくお願いいたいします。

 

クリック募金でスポーツを応援するスポクリ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する