Various news of ITmedia Alternative BLOG

萌え声:番長と愉快な仲間たち

»

今日紹介するのは竹内克志さんです。

竹内さんはねー、声がいいのです。
低くてシブくて柔らかくて。

ちょっと変態入りますが、宇能 鴻一郎さんの小説を彼の声で読み上げていただけたら、お好きな方々は萌えると思うなー。いや、この声なら技術解説でもレストランのメニューでも何でも萌えもえのもー!

あ、書き忘れておりましたが、声以外ももちろん素敵ですよ。
でもねー、やっぱ声なのよねー。Podcastとかやってくんないかなー。

竹内さんの声で「ありがとう」なんて言われたら、とろとろりーんだなー。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する