Various news of ITmedia Alternative BLOG

ブロガー執筆書籍紹介 IT用語のツボ

»

オルタナティブ・ブロガーの執筆書籍をご案内する本シリーズ、第5回は「シリアルイノベーション」の今泉 大輔さんが執筆された「IT用語のツボ」です。
 
Itみるみるわかる 誰も教えてくれなかった!!
IT用語のツボ
 
著 者:今泉 大輔(文)、久住 昌之(絵)
出版社:技術評論社
発売日:2001/6
価 格:¥1,344 (税込)

 
 
購入する   Amazon
 
-----------------------------------------------------------
 
概 要
「プロトコル」「デバイス」「プロキシー」……。
初心者にはとっつきにくいIT/コンピュータ用語を、1つの用語に対し解説2ページ+イラストで“分かりやすく”説明してくれる1冊。2001年に出された本ではあるが、その内容はいまでも実用的。「ダンドリ君」の久住氏によるイラストも楽しい。
 
目 次
1 パソコンに近いコトバ
2 インターネットで使うコトバ
3 ネットワークに関わるコトバ
4 インターネットちょっと通
5 ウェブページに関わるコトバ
6 eビジネスに関わるコトバ
7 情報の配信に関するコトバ
8 コンピュータならではのコトバ
 
 
著者プロフィール
ピーポーズ株式会社代表取締役
カードビジネス専門誌編集長を経て93年に独立。単行本・雑誌の執筆、シンクタンクなどのリサーチ受託を行う。2003年5月からシスコシステムズのコンサルティングサービス部門IBSGにリサーチャーとして常駐。自動車、流通、通信、電子機器などの日本を代表する企業に対するエンゲージメントをリサーチ面で支援。
 
2008年7月に“自分を売る”イノベーションの実験と実践サービス[pepoz]オープン。
趣味は、音楽(ガジェット演奏、perfume熱聴)、アロマ他たくさん
 
-----------------------------------------------------------
 
書評・レビュー
たんぽぽ☆店長のオススメ文
 
 
※ 本著について書評を書かれた方がいらっしゃいましたら、本エントリーまでトラックバック/コメントいただけると幸いです
 
-----------------------------------------------------------
 
関連リンク
“自分を売る”イノベーションの実験と実践 [pepoz]
 
-----------------------------------------------------------
 
オマケ
毎度の職権乱用。サインをいただきました(賛江がステキ!)

It2
 

Comment(2)

コメント

うはは、大変に恐縮でございます。
ほんとこの本、2001年なんですよね。あれからいろいろありました(しんみり)。
個人的には、「IPOという選択」(翔泳社)が一番力を注いだ本であり、かつ、売れ行きがふるわなかった本であります。
初回に出した「インターネットでデッカク儲けよう!」という本(当時のオーエス出版)は、なんと、3万部近くまで行きましたからね。時代は遠くなりにけりです。

お蔵になった「上海経済ツアー」という書籍もありました。今では全文、ブログで公開しています。。。
http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2008/01/2001-68eb.html

わぁ、著者だ。
「インターネットでデッカク儲けよう!」気になります。デッカク儲けなきゃいけない会社に勤めております故。

コメントを投稿する