韓国ITのビジネストレンド最前線!キャリアマーケット、コンテンツサービス、スマートフォンを中心に~

2011年上半期 、韓国の移動通信市場

»

2011年5月の移動通信市場は家庭の季節シーズンを迎えてメーカーの戦略的な端末が一斉に発売され、これまでの待機需要が爆発した。全体の市場をリードした端末はサムスン電子の"ギャラクシーS2"である。ここではLG電子のOptimusブラック、パンテックのベガレーサー、HTCのセンセーションなどが市場での良い反応を受けた。その中、消極的なマーケティングをしていたキャリアのマーケティング費用は一斉に集中し、市場への活気を加た。

1_8

5月にはキャリア別、前月比の加入者増加率はSKT 0.5%、KT 0.4%、LG U + 0.5%を記録した。全体の加入者比重はSKT 50.63%、KT 31.69%、LG U + 17.68%で前月比SKTは増加、KTは減少、LG U + は維持する姿を見えた。全体の移動通信加入者数は51,754,056人なった。

2_4

全体の移動通信MNP市場の規模は、前月比35%増加した94万1234件に集計された。今年に入って最高値を記録した。全体マーケットシェアはSKT 48.11%、KT 31.14%、LG U + 20.75%である。LG U + は、SKTの3208人、KTで8430人を流入してきて、唯一の純増を記録した。

3_2

市場が活性化になっただけで全体の携帯電話の販売量も大きく増加した。ただし、ギャラクシーS2がキャリア3社に供給されながら"ギャラクシーS2効果"を見た特定のキャリアはなかった。マーケットシェアを比較するとSKT 48.11%、KT 31.14%、LG U + 20.75%でSKTだけが小幅下落したし、ほとんどが前月比に大きい差がなかった。

4_4

5月の端末販売量は過去1年中、最も高い数値を記録した。"ギャラクシーS2効果"をたっぷり見たわけでLG U + は専用端末であるOptimusブラックの販売好調によってもうちょっと様々なラインナップをユーザーに提供することが出来た。このような上昇勢はある程度持続するように見える。

5_2

5月に、携帯電話市場がもっと熱かった他の理由は "KTの2Gサービス終了"のことだ。KTは、2Gサービス終了を宣言した以来、KTの2G加入者15万人がNMPで端末を購入したし、ほとんどのスマートフォンに移動した。5月のスマートフォン販売量は約169万台程度で推定される。

6_2

サムスン電子はギャラクシーS2を5月末までSKT 22万台、KT 15万台、LG U + 10万台をそれぞれ販売しながら市場占有率50%以上をまた回復した。サムスン電子のマーケットシェアが50%以上に上がってきたことは2010年10月以来、初めてのことだ。一方で"ギャラクシーS2効果"のおかげさまで 他のメーカーの成績は不振な姿である。Optimusブラックが販売好調を現したLG電子は0.1%の上昇にとどまった。パンテックはベガレーサーのリリースが遅くなり、マーケットシェアは14.4%で下落した。

7_2

端末販売Top5を見ると、ギャラクシーS2の市場支配力をもう一度確認することができる。キャリア別に1位、2位、4位をそれぞれ記録して全体の端末販売量の20.5%を記録した。"ギャラクシーS"も4.8%のマーケットシェアを記録して3位を記録した。iPhone4は3.4%で5位に押し出された。

8_2

5月に、移動通信市場を揺るがしたギャラクシーS2は発売から40日ぶりに国内開通100万台を超えた。一日に、平均3万台以上が開通されていることで、前作の"ギャラクシーS"の約1.7倍クイックな販売速度である。

9_2

ギャラクシーS2をはじめ、各メーカーの戦略スマートフォンは販売好調を見せながら国内携帯電話市場は完全にスマートフォン中心になりました。5月に全体の携帯電話市場でのスマートフォンが占める割合は73.7%で、急速に変化する姿を見せてくれている。パンテックとモトローラはこれより国内にFeature Phoneは発売されない宣言をしており、サムスン電子とLG電子も自社のラインナップからFeature Phoneの比重が大きく減って、このような現象はさらに深まると見られる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する