ERP,SCM,CRM.DWH,BI,モバイルでの見方、考え方で感動したこと書いていきます

納期遅れや欠品は防止できていますか?その2

»

月次、週次の計画サイクルの合間に起きた、変動に各社はどうやって対応しているのでしょうか?

考えられる対応として以下のようなものがあります。

1.センター倉庫、地域デポ等総ての物流拠点に、変動を吸収できるだけの十分な在庫を持つ。

2.PSI計画をデイリーに実施し、日々の変動を吸収し、再計画する。

3.月次、週次の計画サイクルの合間の変動は、現場のExcel等のシステムで調整する。

1.の在庫方式は、製品ライフサイクルが短縮化する中、不良在庫を抱え込み廃棄処理の繰り返しになってしますので現実的ではありません。

2.のデイリーPSI計画は、巨大なグローバル企業では現状のIT能力では不可能です。

したがって、多くの企業では3.の方法で現場が手作りで作った数々のExcelなどのシステムで凌いでおり、誰が、どんな判断で変動に対応したのか、全く見えない状況になっています。

φコンダクターはこの3.の方法をトータルシステム化し、リアルタイムに変動に対応するアクションを計画することが出来、変動への対応の見える化を実現します。

したがって、従来のSCMやERPは計画系のSCMであって、φコンダクターはこれらの計画系SCMの計画サイクル間に起きた変動への対応をリアルタイムに行う実施系のSCMとして、計画系SCMを補完するものです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する