最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚で分かる「ムーアの法則」と「メトカーフの法則」

»

スクリーンショット 2019-01-30 7.17.06.png

「ムーアの法則」と「メトカーフの法則」は、ITの進化を説明する法則として広く知られている。

ムーアの法則

1965年の春、フェアチャイルド・セミコンダクタ社の創立メンバーのひとりであるゴードン・ムーアは、「エレクトロニクス・マガジン」誌から同誌の35周年を記念して、コンピュータの未来についての記事を依頼された。当時、集積回路の最先端の試作品でも1つのコンピュータ・チップに詰め込めるトランジスタ数は30個が限界だった。

そんな時代にムーアは記事を書くためにデータを集めていて驚くべきことを発見した。なんと1枚のチップに集積されるトランジスタ数は1959年から毎年倍増していたのだ。この傾向がこの先も続くと仮定すると、1975年には6万5千個という途方もない数のトランジスタが集積されることになる。そして、「Cramming More Components onto Integrated Circuit / 集積回路上にもっと沢山の素子を詰め込む」という記事を書き上げた。彼はこの記事に、「家庭用コンピューターという驚くべきもの」や「携帯用通信機器」、そしてもしかしたら「自動操縦の自動車」まで登場するかもしれないと書いている。

後に「ムーアの法則」と言われるようになったこの経験則は、現実のものになった。1971年に登場した世界最初のマイクロ・プロセッサ「Intel 4004」には2300個ほどのトランジスタが詰め込まれた。そして、この記事が発表された50年後に登場したインテルの「Intel Core i」には10億個ほどが詰め込まれている。もちろん、「家庭用コンピューターという驚くべきもの」や「携帯用通信機器」、「自動操縦の自動車」は言うまでもない。

メトカーフの法則

イーサネット発明したロバート・メトカーフ氏は、1995年に「通信ネットワークの価値は、接続するシステムの数の二乗に比例する」という法則を提唱した。例えば、電話機が二台しかなければ、やり取りされる情報や用途はたいしたものではないが、それが、数万台になり、数億台になれば、その価値は、計り知れない大きさになる。

彼がこの法則を提唱したのは、ネットワークが、まだ、デスクトップ・コンピューターやファックス、固定電話機などで構成されていた時代だった。しかし、いまでは、数百億のデバイスがネットワークにつながり、ウェアラブルやIoTの普及は、この勢いを加速している。

これに伴い、ネットワークの価値は、これまでにも増して飛躍的に高まり、IT全体の価値をも高めてゆくことになる。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 2019/1月度版リリース====================

  • VeriSMについてのプレゼンテーションを追加しました。
  • 「動画セミナー」に、ITソリューション塾・第29期・最終講義「これからのビジネス戦略」を追加、全11講義をご覧頂けるようにしました。
  • ITソリューション塾・講義資料を最新の第29期に置き換えました。

=======================================
動画セミナー*会員限定*
【新規】これからのビジネス戦略(これを含め全11講義を収録)

総集編
【改訂】総集編 2019年1月版・最新の資料を反映しました。

ビジネス戦略編
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの定義 p.5
【改訂】デジタル・トランスフォーメーションを加速するサイクル p.8
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの実現とは p.9
【新規】VeriSMとは何か p.24
【新規】VeriSMモデル p.25
【新規】ガバナンスとサービスマネージメント原則の関係 p.26
【新規】マネージメント・メッシュとは p.27
【新規】VeriSMのサービスサイクル p.28
【新規】これからの「ITビジネス成功の方程式」 p.61
【新規】アウトサイド戦略とインサイド戦略 p.105
【新規】失敗するPoCと成功するPoCの違い p.113
【新規】PoCを成功させるための3つのこと p.114

人材開発編
【新規】進化する営業 p.42
【改訂】「求められる人材」以下の内容を一部変更し全体をリニューアルしました。 p.11〜49

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】これからのビジネスの方向 p.41

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】機械と人間の役割分担 p.20
【改訂】産業発展の歴史から見る人工知能の位置付け p.53
【新規】ミッシング・ミドル(失われた中間領域)p.103
クラウド・コンピューティング編
【新規】クラウド移行の方向p.99

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】これからの「ITビジネス成功の方程式」 p.6

ITの歴史と最新のトレンド編
【新規】トレンドの構造 p.3

以下は、変更はありません

  • サービス&アプリケーション・基本編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ブロックチェーン
  • 量子コンピュータ

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する