最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「共創」や「コンサルティング営業」などとかっこいい言葉をお題目に掲げても営業力は強化できない

»

「うちの社員は、競合のことを意識していないし、知らなすぎる。それではいい提案などできるはずがない。」

あるITベンダーの経営者から営業研修のご相談を頂いたとき、こんな話しをされた。かれは、競合を知れば、それを参考により魅力的な提案ができるはずだと主張する。これに、私は次のように申し上げた。

「競合を知ることは大切ですが、それは戦術の話しです。それ以前の話しとして、その提案そのものが、お客様が是非とも採用したいと思わせる内容なのかどうかが大切ではないでしょうか。」

彼らの提案を拝見したのだが、書かれているのは機能や性能の説明であり、何ができるかしか書かれていない。コスト削減や人件費の削減といったありふれた効果の説明でしかない。確かにこのような提案であれば、競合他社の提案を知り、それよりも安い見積をつければ採用されるかも知れないが、それでは利益も出ないし、なによりもお客様の信頼を得ることは難しい。

business_kaigi.png

昨日、あるイベントでRPAの提案事例について話しを聞いた。発表者は大手スーパー・マーケットを担当しており、毎週11万枚の大量の手描きによる書類を手作業で入力していたのだが、これをOCRで読み取ってRPAで入力することで、膨大な時間をかけていた作業を半分に短縮できることを実証実験の成果として報告した。そして、これを大成功と思っていたら、結局は採用されなかったという。それは、現場の反対だった。

自分の仕事がなくなることややり方が変わることへの不安、そして、どうせ半分程度の削減なら、いままで通りのやり方でもたいして変わらないという理屈だった。

その時の反省を踏まえ、同じ会社でのリベンジ提案をしたという。この会社では毎週の発注に必要な紙の伝票の入力作業に500時間ほどかかっていたという。そこでOCRとRPAで時間短縮を図ろうというわけだ。しかし、同じ失敗は繰り返すまいと、時間を短縮することを目的とするのではなく、その結果、どのようなビジネス価値が産み出されるかをお客様と議論し追求した結果、発注サイクルを週次から日次に短縮することができれば、欠品率が削減できるはずだという見通しを立てた。欠品率の削減は、この会社にとっても大きな課題であり、お客様の満足度や利益に直結する。

そして、実証実験に取り組んだ結果、500時間を数分にでき、発注を週次から日次に変更することで、欠品率も8パーセントから2パーセントへと大幅に削減することができたそうだ。お客様も大満足で採用されたという。

機能や性能の説明、あるいは価格の安さではない。お客様の求めるビジネス価値は何かを、お客様と一緒になって追求し、これができれば採用したいと言わしめた成果であろう。このような取り組みに競合が入り込む余地はない。

決して、競合を知らなくてもいいと言っているわけではない。ただ、それ以前にお客様に徹底して寄り添い、お客様のあるべき姿を一緒になって見つけ出し、それを合意することが、ビジネスの成果につながることを忘れてはいけないだろう。

「共創」や「コンサルティング営業」などとかっこいい言葉をお題目に掲げても、お客様に寄り添うという基本動作ができなければ、ビジネスのチャンスは生まれない。その本質に立ち返ることこそ、営業力強化の原点ではないか。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA
動画セミナー(会員のみ)を開始しました!

LiBRA 11月度版リリース====================
 「動画セミナー」をご覧頂けるようになりました。11月時点では、ITソリューション塾・第29期の4つの講義をご覧頂けます。順次追加してゆきます。
 AIを中心にプレゼンテーションを大幅に増やしました。
 膨大なプレゼンテーションの中からセレクトしたプレゼンテーションを総集編にまとめました。
======================================
*会員限定* 動画セミナー
【新規】サイバー・フィジカル・システムとデジタル・トランスフォーメーション
【新規】クラウド・コンピューティングとソフトウェア化するインフラ
【新規】IoT
【新規】AI

【改訂】総集編 2018年11月版

ビジネス戦略編
【新規】業務がITへITが業務へシームレスに変換される状態  p.27
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのビジネス・サイクル p.28
【新規】デジタル・トランスフォーメーションのBefore/After p.29
【新規】情報システムの役割 p.38
【新規】異なるビジネス p.39

人材開発編
【新規】一緒に仕事をしたいITベンダー・SI事業者 p.13
【新規】伝えるべきこと p.14
【新規】求められる対応力 p.15
【新規】「良き相談相手」とは p.16
【新規】お客様の幸せを支える p.17
【新規】スキルの再定義 p.18
【新規】学び続ける大切さ、それを支える学びの力 p.19
【新規】時間を作る p.20

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】これからのビジネスの方向 p.41
【新規】テクノロジーの進化が求めるモノのサービス化 p.43

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【新規】人工知能の2つの方向性 p.10
【新規】「人工知能」と言われるものの4つのレベル p.12
【新規】各時代のAI(人工知能)と呼ばれるもの p.13
【新規】機械学習がやっていること 1/2 p.14
【新規】機械学習がやっていること 2/2 p.15
【新規】ルールを作るとはどういうことか p.16
【新規】機械学習でできる3つのこと p.17
【更新】AIと人間の役割 p.18
【新規】機械学習の仕組み/学習が不十分な状態 p.56
【新規】機械学習の仕組み/学習が十分な状態 p.57
【新規】ニューラル・ネットワークの仕組み p.65
【新規】どんな計算をしているのか p.66
【新規】A12 Bionic p.150

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】なぜ、サーバーレスなのか p.68

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】「インフラのソフトウェア化」の意味・仮想化の役割 p.60
【更新】仮想化の役割 1/2 p.61
【更新】仮想化の役割 2/2 p.62
【更新】Infrastructure as Code p.79

クラウド・コンピューティング編
*変更はありません。

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更ありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する