最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

営業がいらない時代に「営業」に求められること

»

「○○株式会社の財務状況はどうなっているか調べて!」

「同業他社と比べて何処に課題がありそうかなぁ?」

「この課題に対して使えそうな提案事例は探して!」

人工知能は、こんな日本語での問いかけの意味を理解し、必要な情報を探し出して教えてくれる。財務データはインターネットから収集し、事例などは人工知能が内容を解釈し、質問の意図から情報を探してくる。営業は、その情報を参考に戦略を立て、提案書をまとめてお客様に向かうことができる。

ai_shigoto_makaseru.png

こんな時代はそう遠くないだろう。

  • お客様の問い合わせや依頼に迅速、的確に応えること。
  • お客様の求めに応じて最適な提案をすること。
  • 納期やリソースの調整を的確に行い、お客様の要請に応えること。

このような「お客様の期待に応える」だけの営業は、やがて人工知能の配下に置かれ、お客様とのコミュニケーション機能を受け持つユーザー・インターフェースでしかなくなる。

「気は使うし時間も合わせなければならない人間の営業は面倒だから使いたくない」

銀行で窓口が開いていてもATMを使うのと同じ理屈だ。面倒な人間を相手にするより、直接人工知能に問い合わせるお客様も増えてゆくだろう。AppleのSiriやMicrosoftのCortana、そしてAmazonのEchoのように、自然な話し言葉で問い合わせたり指示したりできるようになれば、ますます「ものわかりの悪い」、あるいは「融通の利かない」人間の営業などを相手にするよりも「人工知能の営業」の方がよほど便利な相手となる。

そんな時代に営業はどのような役割を果たしてゆくべきなのだろう。

「お客様の相談相手となって、不安や迷いを課題として整理し直し、その解決策をデザインする」

そんな役割を担う存在となることだ。

お客様の相談相手となる

「お客様の立場に立つ」

良き相談相手になるためには、まずこれが前提だ。ところで、「お客様の立場に立つ」とはどういうことなのか。

「自分がお客様の立場なら、どう考え、どう判断し、どう行動するかを想像すること」

お客様とまったく同じことができるはずはない。そもそも経験や知識のバックグラウンドが違う相手を理解することは不可能だ。もちろん相手の気持ちやお客様の置かれている状況を理解する、あるいは想像する努力は大切だが、相手になりきることはできない。ですから、お客様とは別人格で他人である自分がお客様のポジションを任されたとしたら「こう考える、こう判断する、こう行動する」を想像することしかできない。そして、その想像を相手と共有し議論することで、相手への理解をさらに深めてゆくことができる。

良き相談相手とは、決して相手の話しに相槌を打ち、それに従う存在ではない。「自分ならこのように考える、行動する」を伝えられる存在であることだ。相手が求めているのは違う視点であり、異なる意見だ。それらをぶつけ合うことで、何が正解かを一緒になって見つけ出してゆく。そんな触媒となる存在ではなかろうか。

不安や迷いを課題として整理し直す

「なんとかしなくてはいけない。このままではまずい。」

そんな不安や迷いをいだいているお客様は少なくない。そして変革を進めたいと思われている。しかし、変革への意志や問題意識はあっても、解決すべき対象となる課題やニーズを明らかにできてはいない。また、それ以前の問題として、どのような方向に変革を進めてゆけばいいかのビジョンが描けていない。

そこでは、「他社の事例」など役にはたたない。なぜなら、自分たち自身がどうしたいかといったビジョンが明らかになっていないわけだから、何が自分たちにとっての課題なのかを決めることができないからだ。そこに他社の解決策の事例を持ち出しても参考にはならない。

営業は、そんなお客様について、お客様以上に深く考察し、お客様から新しい気付きを引き出し、お客様自身が自らのビジョンに確信が持てるように支援することだ。そして、それを具体的な課題に落とし込み、具体的な解決策を提示することだ。さらに、自分たちがそれを支援する決意を示し、背中を押してあげるといいだろう。

「求めに応じるのではなく、求めを引き出すこと」

そんな役割を果たさなくてはならない。

解決策をデザインする

テクノロジーは日々進化し、最適解は変わり続けている。様々な選択肢が有り、絶対の解決策を見出すことは容易なことではない。解決策はプロダクトやサービスなどのシステム・ソリューションばかりではない。業務プロセスを変革する、新しいビジネス・モデルを実現するといったビジネス・ソリューションも必要となる。ITによって常識が置き換わる時代、新しい常識を前提にビジネスを考えれば、まったく新しい発想が生まれる。

人間が行うことを前提に最適化されたビジネス・プロセスを新しい常識で問い直し、人工知能やロボット、クラウドといったITを駆使し、機械が行うことを前提にして最適化したビジネス・プロセスを実現できる時代になった。

そのためにテクノロジーを使い、それをどのようなビジネス・モデルに当てはめればいいのか。そのためのグランド・デザインを描き、組合せを作ることが必要となる。

ひとりの営業だけでできないのであれば、それができる知恵ある人たちを集め、一緒に考えることだ。そのためのプロデューサーとなることだ。営業には、そんな役割が期待されているす。

===

以上のようなことができるようになるためには、お客様の業務のこと、ビジネスやテクノロジーのこと、経営のこと、時事のことにアンテナを張り情報の収集を怠らないことだ。また、同僚やお客様だけではなく、立場を異にする様々な人たちと会話できるコミュニティ活動や会食などに積極的に参加し、視点や見識を拡げる努力を怠らないことだ。

そうやって築いた自らの知恵を働かせて人工知能やロボットなどの新しい手段を使いこなすことだろう。それが「これからの営業」に求められる能力ということになる。

気がつけば、いまは当たり前の「営業」はいらなくなっている。「営業」の役割と求められる能力は再定義されなくてはいけない。それを「営業」という言葉でくくってしまうのか、それとも新しい名前を与えるべきなのかは分からないが、もはやこれまでの「営業」はお役御免になることだけは覚悟しておくべきだろう。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 10月度版リリース====================
・新たに【総集編】2018年10月版 を掲載しました。
「最新のITトレンドとこれからのビジネス戦略」研修に直近で使用しているプレゼンテーションをまとめたものです。アーカイブが膨大な量となり探しづらいとのご意見を頂き作成したものです。毎月最新の内容に更新します。
・アーカイブ資料につきましては、古い統計や解釈に基づく資料を削除し、減量致しました。
==========================================..
ビジネス戦略編
【更新】UberとTaxi p.10
【更新】もし、変わることができなければ p.16

人材開発編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】モノのサービス化 p.34
【更新】モノのサービス化 p.37

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【更新】AIと人間の役割分担 p.12
【更新】自動化から自律化への進化 p.24
【更新】知的望遠鏡 p.25
【更新】人に寄り添うIT p.26
【更新】人工知能・機械学習・ディープラーニングの関係 p.64
【更新】なぜいま人工知能なのか p.65

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・開発と運用編
【新規】マイクロサービス ・アーキテクチャ p.62
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの6つのメリット p.63
【新規】マイクロサービス・アーキテクチャの3つの課題 p.64
【新規】FaaS(Function as a Service)の位置付け p.68

ITインフラとプラットフォーム編
【更新】Infrastructure as Code p.78
【新規】Infrastructure as Codeとこれまでの手順 p.79
【更新】5Gの3つの特徴 p.235

クラウド・コンピューティング編
【更新】クラウドの定義/サービス・モデル (Service Model) p.41
【更新】5つの必須の特徴 p.55
【新規】クラウドのメリットを活かせる4つのパターン p.57

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません。

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更ありません

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する