最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

内製化というビジネス・チャンス

»

「そういうSIerさんとは、ぜひ戦略的パートナーとして、積極的に組みたいですね」

ある大手企業の情報システム部門長との会話で、こんな言葉か飛び出した。かいま、彼らは内製化を模索している。これまでのように、開発を外部に丸投げするのではなく、自分たちでシステム開発を手がけようとしている。それは必ずしもコスト抑制のためではない。自らの存在意義をかけた取り組みだ。

グローバル化の進展、ビジネス・ライフサイクルの短期化、顧客嗜好の多様化といったビジネス環境の変化は、スピードや俊敏性を経営に求めている。ITは、その戦略的価値を高めている。

こんな時代の要請に、情報システム部門が応えられないとしたら、それは経営的に見れば、存在意義のない組織と言われても仕方が無い。情報システム部門が、この変化に対応するには、クラウドの活用と開発の内製化は、必須の要件となる。

インフラやプラットフォームは、これまでのように、ひとつひとつ見積もりを取って、外部に依頼する手間や時間はビジネスのスピードの足かせとなる。リソース調達や変更の自由度と生産性を大幅に向上させなければならない。スピードと俊敏性を格段に向上しなくてはならない。また、需要の変動に応じてリソースの大きさをダイナミックにスケールできなくてはならない。

開発も同様に、これまでのような個別に見積もりを取り、仕様を決めて外部に任せるウォーターフォール型の外注方式では、対応できない。自らの手で、アジャイルに、超高速に開発してゆく手段を持たなくてはならない。

しかし、情報システム部門にとって、これは容易なことではない。そもそも、これまでは、このような仕事の多くを、外部に依存してきたわけで、スキルを持った人材が内部にはいない。

この状況を裏返して考えて見れば、SIerは、これらができる人材やスキルを抱えている。例えいまできないスキルがあっても、経験のない人たちに比べれば習得は早いだろう。そのスキルを使って、お客様のクラウド化や内製化の支援を積極的に行えば、それはまさに、お客様のニーズに合致する。

これは、自分で自分の首を絞めるような話だが、お客様のニーズがそこにある以上応えるべきであり、ビジネスのチャンスがそこにある。

確かに内製化が進めば、全体としての外部への開発需要は減る。そのために、これまで開発に従事していたベンダーは切られるだろう。しかし、だからといって、全てを内製化できるわけではないし、外部に任せてしまった方がいい場合もある。むしろ、内製と外注の役割の分化が最適化され、全体としての生産性を高めてゆくだろう。

そのときに、切られる側に立つか、残る側に立つかだ。内製化支援は、情報システム部門が、まさにそんな意志決定を行う上で、大きな判断基準になるだろう。

job_it_dokata.png

かつてのように、言われるがままに労働力を提供するだけでは生き残ることはできない。お客様の内製化を技術力で支援できない企業は淘汰される時代へと変わりつつある。

「そういうSIerさんとは、ぜひ戦略的パートナーとして、積極的に組みたいですね」

この発言は、「内製化支援に積極的に取り組んでくれるSIerがいたら、どうでしょうか?」という、私の質問への答えだった。

お客様が何を求めているかに目を背けていては、ビジネスのチャンスは生まれない。例え、それが、これまでの収益基盤を脅かすことであったとしても、対処しなければならない。そして、この需要の変化をどのようにビジネスにしてゆけばいいかを考え抜き、自らを変革する決断を下すのは経営者の責任だ。

開発~保守~運用のサイクルを自ら回してきたこれまでの収益モデルから、お客様自身にこのサイクルを回していだくために、何をすべきか、何ができるかを考える。これからのビジネス・チャンスは、こんなところに潜んでいるように思う。

【募集開始】ITソリューション塾・第29期 10月10日より開講

デジタル・トランスフォーメーションへの勢いが加速しています。クラウドはもはや前提となり、AIやIoTを事業の競争力の源泉にしようと取り組んでいる企業は少なくありません。ITを使うことは、もはや「手段」ではなく「目的」であり「本業」へと位置づけを変えようとしています。このような取り組みは内製となり、これまでの工数を提供するビジネスは需要を失い、技術力を提供するビジネスへの需要は拡大しつつあります。

この変化の道筋を見通し、先手を打つためにはどうすればいいのかを、学び考えるのが「ITソリューション塾」です。次期より講義内容を刷新致します。

最新のトレンドをわかりやすく体系的に整理することだけではありません。アジャイル開発やDevOps/デジタルトランスフォーメーション、新時代のサイバーセキュリティなどについては、それぞれの最前線で活躍する講師を招いて、その感性と実践ノウハウを学びます。

日程 :2018年10月10日(木)〜12月19日(水)
回数 :全11回
定員 :80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 :¥90,000- (税込み¥97,200)

参加登録された方はオンラインでも受講頂けます。出張中や自宅、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

詳しくは、こちらをご覧下さい

【残席わずか】新入社員ための最新ITトレンド研修

freshman1day.png

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。デジタル・トランスフォーメーションの到来は、これからのITビジネスの未来を大きく変えてしまうでしょう。

しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることはありません。

そんな彼らに「ITトレンドの最新の常識」と「ITビジネスに関わることの意義や楽しさ」についてわかりやすく伝え、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと「新入社員ための最新ITトレンド研修」を昨年よりスタートさせました。今年も7月17日(火)と8月20日(月)に開催することにしました。

参加費も1日研修で1万円に設定しました。この金額ならば、会社が費用を出してくれなくても、志さえあれば自腹で支払えるだろうと考えたからです。

社会人として、あるいはIT業界人として、厳しいことや頑張らなくちゃいけないことも伝えなくてはなりません。でも「ITは楽しい」と思えてこそ、困難を乗り越える力が生まれてくるのではないでしょうか。

  • ITって凄い
  • ITの仕事はこんなにも可能性があるんだ
  • この業界に入って本当に良かった

この研修を終えて、受講者にそう思ってもらえることが目標です。

よろしければ、御社の新入社員にもご参加いただければと願っております。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LiBRA 7月度版リリース====================
ITソリューション塾・第28期の最新教材を掲載
メモリー・ストレージ関連のチャートを拡充
AI専用プロセッサーについてのチャートを追加
=====================================

ビジネス戦略編
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの定義 p.22

インフラとプラットフォーム編
【新規】メモリーとストレージの関係 p.216
【新規】速度と容量の違い p.217
【新規】ストレージ構成の変遷 p.217
【新規】新章追加・不揮発性メモリ p.238-242
メモリ階層
コンピュータの5大機能
記憶装置の進化
外部記憶装置が不要に!?

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】IoTビジネスとはどういうことか p.43
【新規】IoTビジネス戦略 p.45

サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
【新規】AIやロボットに置き換えられるものと残るもの p.111
【新規】皆さんへの質問 p.131
【新規】求められる人間力の形成 p.132
【新規】新章の追加・AI用プロセッサーの動向 p.133-146
急増するAI 専用プロセッサ
人工知能・機械学習・ディープラーニングの関係
深層学習の計算処理に関する基礎知識
AI = 膨大な計算が必要、しかし計算は単純
学習と推論
GPUはなぜディープラーニングに使われるか
データセンター向けGPU
GoogleがAI 処理専用プロセッサ「TPU」を発表
TPUの進化
クライアント側でのAI処理
Apple A11 Bionic
ARMのAIアーキテクチャ

開発と運用編
【新規】VeriSM p.6
【新規】早期の仕様確定がムダを減らすという迷信 p.13
【新規】クラウド・バイ・デフォルト原則 p.17

クラウド・コンピューティング編
*変更はありません

サービス&アプリケーション・基本編
*変更はありません

テクノロジー・トピックス編
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド編
*変更はありません

【ITソリューション塾】最新教材ライブラリ
第28期の内容に更新しました。
・CPSとクラウド・コンピューティング
・ソフトウェア化するインフラと仮想化
・クラウド時代のモバイルデバイスとクライアント
・IoT(モノのインターネット)
・AI(人工知能)
・データベースとストレージ
・これからのアプリケーション開発と運用

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する