最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

大嫌いだった営業の仕事、それが楽しいと思えた瞬間

»

「毎日忙しく、仕事が楽しいなんて、とても思えません。」

入社3年目の営業から、そんな言葉を聞かされた。思い返せば、私もまた同じような時期があった。金曜日が待ち遠しく、日曜日になると「あ~、また明日から仕事だ」と憂鬱になってしまう。

tsukareta_business_man.png

当時の先輩は昼前にしか出てこない。だからといって新前の私がそれに合わせる訳にもゆかず8時頃には出社していた。

昼間は忙しく仕事をこなし、お客さまにも足を運び、疲れて夕方戻ってくる。そして事務処理や明日の準備。気がつけば夜も9時、10時、すると先輩が、「打ち合わせするぞ!」と招集をかける。一通りの指示が与えられ、それが済むとまたその指示に従って資料を作る。作っても、一発OKなどということはなく、赤線を入れられ、時にはせっかく仕上げた資料を破り捨てられることもあった。

「なんと理不尽な!これで十分じゃないか」

反発する気持ちに悲しみと怒りの入り交じった納得できない悔しさが胸を締め付けた。それでも従わなくてはならない。

ひととおり仕上げて帰ろうという頃には終電もない。じゃあ、「飯でも食って帰るか」という声にラーメンと餃子を食べて、タクシーで帰宅する。タクシーに乗れば、目的地を告げて、そのまま爆睡。帰宅後シャワーを浴びて、少し眠ればすぐに朝。着替えて電車に乗れば、そこもまた貴重な睡眠時間だった。そして、何時ものように朝一番にオフィースに到着する。そして、先輩は昼前に出社だ。当然、徹夜仕事や休日出勤は当たり前。近くのカプセルホテルは常連宿と化していた。

出張の車中は、貴重な休息だった。お客さまが東北に多かったので、毎週のように東北新幹線に乗っていた。ただ、深夜まで資料を作り、そして、上野駅前(当時の東北新幹線は上野発、また、常磐線沿いのお客さまもいたので)のカプセルホテルで2、3時間仮眠し、始発に乗って、その日の夜に帰ってくる。そして、また同じサイクルの始まりだ。

いま思うと、よくやっていたと思う(笑)。

楽しいどころか、苦痛でしかなかった。何度も会社を辞めようとも思った。自分は、営業に向いていないのではないかと何度も考えた。しかし、ここで音を上げては、かっこわるいし、負けになる。そんな見栄のようなものが、最後の支えになっていた。そんな私が、「営業は楽しい!」と思えたきっかけは、ごく些細なこと。

入社3年目の頃、先輩がお客さまを連れて海外視察へゆくことになり、2週間不在となったときです。担当するお客さまから既に使用されているコンピューターのアップグレードの相談を頂いたときだった。わずか数百万円の話し。当時、数千万円、数億円のビジネスが当たり前の時代。わずかな売上だ。しかし、その構成や手配はなかなか複雑で、手間のかかるものだった。しかし、お客さまからは緊急に対応してほしいとの依頼。「まいったなぁ」そんな思いがよぎった。

それまでは、何事においても先輩の指示に従い、確認を取って進めていたが、当時は電子メールも携帯電話もない時代だから、全て自分で判断して進めなくてはならない。もちろんやり方は心得ていた。しかし、全ては自分で判断しなくてはならない。とても不安だった。面倒な作業でもあり、社内の技術部門やパーツセンター、工場などとも調整し、交渉しなくてはならない。

それを何とかこなし、一切の仕事を自分で完結した時、「なんだ、自分にもできるじゃないか」と満たされた思いだった。お客さまからも「斎藤さん、ほんとうに助かったよ。ありがとう。」そう言われたときの喜びは、今でも忘れることができない。改めて思い返すと、営業という仕事が楽しいと思えた最初だったかもしれない。

先輩が長期出張から戻ってきても、仕事のペースは何も変わらない。しかし、私の気持ちは全く変わっていた。自分のやっていることに意義を感じ、先輩が指示していることの意味も、なるほどと素直に思えるようになった。そうすると、仕事が楽しくなり、いろいろなことがうまく回りはじめたように感じられた。

営業という仕事の楽しさは何かと聞かれることがよくある。しかし、それは自分で見つけるしかない。「お客さまに感謝される仕事だから」、「いろいろな人と係わり調整し、大きな仕事をする機会が与えられているから」などありきたりのことはいろいろいと言うことはできる。しかし、それは何の答えにもならない。

自分のやっている仕事は何が楽しいのだろうかを追求し、考え続けることしかない。そして、自分でそれを見つけたとき、それが自分にとっての答えだ。

私はいま営業という仕事を選び、その仕事を続けてきたことを、本当に良かったことだと思っている。そして、それを誇りだとも思っている。それは、理屈ではなく、私の心がそう感じている。

楽しいと感じられるかどうかは、小さな心のスイッチの切り替えだけなのかもしれない。その小さなスイッチにまず手をかけることからはじめなくてはならない。それは、「営業という仕事の楽しさって何だろうか?」と真剣に考え、向き合ってみることだ。

「営業の楽しさが分からない」。そう思われている方は、まず心のスイッチに手をかけることからはじめてみてはいかがだろうか。

>> よろしければこちらも合わせてご覧下さい。


IT_logo.png

5月17日(木)よりスタートする次期「ITソリューション塾・第28期」の受付を開始致しました。つきましては、御社でのご参加をご検討頂ければ幸いです。

■デジタル・トランスフォーメーションを軸に講義を展開

デジタル・トランスフォーメーションをキーワードに、鍵を握るテクノロジーは何か、これからのビジネスがどのように代わるのか、それにどのように向きあえばいいのかを、分かりやすく丁寧に解説してゆくつもりです。また、100年人生の時代を迎え、この業界でどのように働き、自分の価値を高めてゆけばいいのかについても、考えてゆこうと思います。

■オンラインでも参加可能

第28期からは、参加登録された方はオンラインでも受講頂けるようになります。出張中、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫です。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

■ビジネスの現場でそのまま使える教材をロイヤリティフリーにて提供
SI事業者/ITベンダーの皆さんには、これからのビジネス戦略やお客様への魅力的な提案を考える材料を提供します。
情報システム部門の皆さんには、自分たちのこれからの役割やどのようなスキルを磨いてゆく必要があるのかを考えるきっかけをご提供します。

講義で使用する500ページを超える最新のプレゼンテーションは、オリジナルのままロイヤリティ・フリーで提供させて頂きます。お客様への提案、社内の企画資料、イベントでの解説資料、勉強会や研修の教材として、どうぞ自由に活用してください。

第27期に使用している講義資料(一部)については、こちらからご覧頂けます。第28期はさらに内容をブラッシュアップして、ご提供するつもりです。

古い常識をそのままにお客様の良き相談相手にはなれません。
「知っているつもりの知識」から「実践で使える知識」に変えてゆく。そんなお手伝いをしたいと思います。

日程 2018年5月17日(木)~7月25日(水) 18:30~20:30
回数 全11回
定員 80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 ¥90,000- (税込み¥97,200) 全期間の参加費と資料・教材を含む
-----
【お願い】早期に定員を超えると思われますので、まだ最終のご決定や参加者が確定していない場合でも、ご意向があれば、まずはメールにてご一報ください。優先的に参加枠を確保させて頂きます。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

「最新のITトレンドとこれからのビジネス」というタイトルの新入社員研修のためのプレゼンテーションを公開しました。よろしければご活用下さい。

内容は、以下の通りです。

  • ITトレンドとサイバーフィジカルシステム
  • サイバー・フィジカルシステムとデジタル・トランスフォーメーション
  • ITインフラと仮想化
  • サイバー・セキュリティ
  • IoT(モノのインターネット)
  • AI(人工知能)
  • 開発と運用
  • デジタルトランスフォーメーションとこれからのビジネス
  • これからのビジネスに求められる人材

SI事業者やITベンダーで毎年行われている新入社員研修では、ITの基礎的な知識は教えているところはあっても、最新のトレンドやいまのビジネスがどうなっているのかを教えているところはあまりありません。しかし、自分たちの未来を託す彼らに40年前から変わらないコンピュータの基礎だけを教え、いまを伝えないのは片手落ちではないでしょうか。ITは日々進化し、役割も拡がっています。IoTやAIの進化、クラウドの普及と共に伝統的なビジネスのやり方を大きく変えてしまうデジタル・トランスフォーメーションも進行中です。

ビジネスの現場に彼らが立たされたとき、そんなことも分からないでは、お客様も不安になるでしょうし、何よりも新入社員本人が不安になってしまいます。

そんなことがないように、IoTやAI、クラウドと云ったこれからの当たり前を、その価値や可能性と共に正しく伝えなくてはなりません。合わせてITの大切さと大きな可能性を語り、この仕事のやり甲斐を伝えることは大切だと思っています。また同時に、物販や人月ビジネスの限界、それに変わるビジネス価値は何か、そのためにどのようなことを考え、どのような能力を身につけてゆかなければならないのかを正直に伝え、彼らに託す言葉を伝える必要もあるでしょう。

デジタル・トランスフォーメーションの時代を迎え、ITビジネスの本質がいま大きく変わろうとしています。こちらについては、近々「SIerのためのデジタル・トランスフォーメーションの教科書」をリリースする予定ですが、そういうことと合わせて、ITに求められる新しい期待とそれに応えてゆくためには、何をしなければならないかを、新入社員の時にしっかりと伝え、彼らに自覚と夢を持たせなくてはなりません。

そんな思いで作った教材です。

6月から7月にかけて、そんな新入社員のための「最新ITトレンド・1日研修」も開催しようと思っていますが、そのためのベースとなる教材です。

よろしければ、御社でもご活用下さい。

LiBRA 4月度版リリース====================

  • 「ITソリューション塾」最新コンテンツを掲載しました!
    • 膨大なプレゼンテーションの中から、ITソリューション塾で使用している厳選のプレゼンをテーマ毎に掲載しました。
  • AIに関連した資料を充実させました。

====================================

新たに掲載!「ITソリューション塾」最新コンテンツ

メインテーマ

  • ITトレンドの読み解き方とクラウドの本質
  • ソフトウェア化するインフラと仮想化
  • クラウド時代のモバイルデバイスとクライアント
  • IoT(モノのインターネット)
  • AI(人工知能)
  • データベース
  • ストレージ
  • これからのアプリケーション開発と運用

知っておきたいトレンド

  • ブロックチェーン
  • 量子コンピュータ

====================================

ビジネス戦略編

  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの定義 p.18
  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションを主導するクロスオーバー人材 p.21
  • 【新規】加速する時代のスピードに対応できる人材 p.22
  • 【新規】常にテーマや問いを発し続けられる人材 p.23

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】Amazonのデータ収集戦略 p.30
  • 【新規】IoT通信:LPWAと他の通信方式の比較 p.34
  • 【新規】IoT デバイスとしての自動車 p.96
  • サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
  • 【新規】人間は何を作ってきたのか p.10
  • 【新規】人工知能の限界 p.11
  • 【新規】「東ロボくん」の実力と代替可能な職業 p.12
  • 【改訂】コレ1枚でわかる人工知能 p.13
  • 【新規】機械学習の課題 p.80
  • 【新規】転移学習 p.81
  • 【新規】学習データと結果の関係 p.97
  • 【新規】自動運転レベル p.118
  • 【新規】富士通 Mobility IoT 2018(動画・事例紹介) p.120

開発と運用編

  • 【新規】これからの開発や運用に求められるもの p.5
  • 【新規】ITについての認識の変化が「クラウド×内製化」を加速 p.6

インフラ&プラットフォーム編

  • 【新規】HTAPとは何か? p.229
  • 【新規】5Gと他の通信方式 p.231

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する