最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

イノベーションもないのに「ソリューション」と言うべきではない

»

ソリューション・ビジネスとは、お客様にイノベーションを提供するビジネスだ。この本質をないがしろにするのであれば、「ソリューション」という冠は外すべきだろう。

job_it_dokata.png

「技術革新」と訳されることの多いイノベーションだが、本来の意味をたどれば、「新結合」という言葉にたどり着く。20世紀前半に活躍した経済学者シュンペーターの言葉だが、彼は、産業革命を支えたイノベーションのひとつである「鉄道」を例えに、次のようなたとえ話をしている。

「馬車を何台つなげても汽車にはならない」。

つまり、「鉄道」がもたらしたイノベーションとは、馬車の馬力をより強力な蒸気機関に置き換え多数の貨車や客車をつなぐという「新結合」がもたらしたものだという解釈だ。

鉄道が生まれる40年前、既に蒸気機関は発明されていた。これに旧来からある馬車の "テクノロジー"を組み合わせたことで、汽車が生まれ鉄道というビジネスが生まれた。"新しい技術"=イノベーションではないと彼は言っている。

私たちは、イノベーションを「"新しい技術"による革新」と捉えがちだが、本来の意味に立ち返れば、"新しい技術"そのものが不可欠なのではなく、「"新しい技術"も含め、既存の技術や仕事のやり方などの様々な要素を、これまでとは違う視点で捉え、新しい組合せにより変革を実現すること」と捉えるべきだろう。

ITビジネスに置き換えて考えれば、「これまでの仕事のやり方を、より強力なITという蒸気機関に置き換えて、業務やビジネスの課題を解決するためのテクノロジーと業務プロセスの「新結合」を実現すること」が、イノベーションと言うことになる。

innovationの語源を調べると15世紀のラテン語innovatioに行き着きつく。inは「中へ」、novaは「新しい」、これらを組み合わせて、自らの内側に新しいものを取り込むという意味になる。

これまでのITビジネスは、ビジネスの生産性向上やコスト削減を実現する手段を提供するモノ売りと人売りのビジネスによって支えられてきた。しかし、クラウドや自動化は、手段の実現にモノやヒトを不要にしようとしている。これまでは手段を自前で持たなければ得られなかったビジネス価値、すなわち「生産性向上やコスト削減」を、ものを買わず、人手をかけずに実現できるようになった。さらに、ものを買い人手をかけるという投資リスクがなくなるので、もっと積極的にITを活用して行こうという気運も高まっている。

つまりITを事業の差別化の手段として使おうという考えであり、あるいは、伝統的な業務のあり方を、ITを駆使して根本的に作り替えてしまい、ビジネス環境の変化への即応力や破壊的な競争力を実現しようという動きだ。「攻めのIT」であり、「デジタル・トランスフォーメーション」だ。これは、有り体の手段を提供することでは実現しない。ビジネス・プロセスやビジネス・モデルをどのようにするかであり、それに深く関与できるかどうかが、ビジネスを創り出す力となる。そこにイノベーションを提供できる力量が、IT企業には求められている。

「自分達はお客様にイノベーションを提供できているだろうか。」

この言葉を真摯に問い続けてゆくことが、これまでにも増して求められている。そのための行動をはじめているだろうか?

IT_logo.png

5月17日(木)よりスタートする次期「ITソリューション塾・第28期」の受付を開始致しました。つきましては、御社でのご参加をご検討頂ければ幸いです。

■デジタル・トランスフォーメーションを軸に講義を展開

デジタル・トランスフォーメーションをキーワードに、鍵を握るテクノロジーは何か、これからのビジネスがどのように代わるのか、それにどのように向きあえばいいのかを、分かりやすく丁寧に解説してゆくつもりです。また、100年人生の時代を迎え、この業界でどのように働き、自分の価値を高めてゆけばいいのかについても、考えてゆこうと思います。

■オンラインでも参加可能

第28期からは、参加登録された方はオンラインでも受講頂けるようになります。出張中、あるいは打ち合わせが長引いて間に合わないなどの場合でも大丈夫です。PCやスマホからライブ動画でご参加頂けます。

■ビジネスの現場でそのまま使える教材をロイヤリティフリーにて提供
SI事業者/ITベンダーの皆さんには、これからのビジネス戦略やお客様への魅力的な提案を考える材料を提供します。
情報システム部門の皆さんには、自分たちのこれからの役割やどのようなスキルを磨いてゆく必要があるのかを考えるきっかけをご提供します。

講義で使用する500ページを超える最新のプレゼンテーションは、オリジナルのままロイヤリティ・フリーで提供させて頂きます。お客様への提案、社内の企画資料、イベントでの解説資料、勉強会や研修の教材として、どうぞ自由に活用してください。

第27期に使用している講義資料(一部)については、こちらからご覧頂けます。第28期はさらに内容をブラッシュアップして、ご提供するつもりです。

古い常識をそのままにお客様の良き相談相手にはなれません。
「知っているつもりの知識」から「実践で使える知識」に変えてゆく。そんなお手伝いをしたいと思います。

日程 2018年5月17日(木)~7月25日(水) 18:30~20:30
回数 全11回
定員 80名
会場 アシスト本社/東京・市ヶ谷
料金 ¥90,000- (税込み¥97,200) 全期間の参加費と資料・教材を含む
-----
【お願い】早期に定員を超えると思われますので、まだ最終のご決定や参加者が確定していない場合でも、ご意向があれば、まずはメールにてご一報ください。優先的に参加枠を確保させて頂きます。
詳しくは、こちらをご覧下さい。

LiBRA 4月度版リリース====================

  • 「ITソリューション塾」最新コンテンツを掲載しました!
    • 膨大なプレゼンテーションの中から、ITソリューション塾で使用している厳選のプレゼンをテーマ毎に掲載しました。
  • AIに関連した資料を充実させました。

====================================

新たに掲載!「ITソリューション塾」最新コンテンツ

メインテーマ

  • ITトレンドの読み解き方とクラウドの本質
  • ソフトウェア化するインフラと仮想化
  • クラウド時代のモバイルデバイスとクライアント
  • IoT(モノのインターネット)
  • AI(人工知能)
  • データベース
  • ストレージ
  • これからのアプリケーション開発と運用

知っておきたいトレンド

  • ブロックチェーン
  • 量子コンピュータ

====================================

ビジネス戦略編

  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションの定義 p.18
  • 【改訂】デジタル・トランスフォーメーションを主導するクロスオーバー人材 p.21
  • 【新規】加速する時代のスピードに対応できる人材 p.22
  • 【新規】常にテーマや問いを発し続けられる人材 p.23

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】Amazonのデータ収集戦略 p.30
  • 【新規】IoT通信:LPWAと他の通信方式の比較 p.34
  • 【新規】IoT デバイスとしての自動車 p.96
  • サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
  • 【新規】人間は何を作ってきたのか p.10
  • 【新規】人工知能の限界 p.11
  • 【新規】「東ロボくん」の実力と代替可能な職業 p.12
  • 【改訂】コレ1枚でわかる人工知能 p.13
  • 【新規】機械学習の課題 p.80
  • 【新規】転移学習 p.81
  • 【新規】学習データと結果の関係 p.97
  • 【新規】自動運転レベル p.118
  • 【新規】富士通 Mobility IoT 2018(動画・事例紹介) p.120

開発と運用編

  • 【新規】これからの開発や運用に求められるもの p.5
  • 【新規】ITについての認識の変化が「クラウド×内製化」を加速 p.6

インフラ&プラットフォーム編

  • 【新規】HTAPとは何か? p.229
  • 【新規】5Gと他の通信方式 p.231

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する