最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかるこれからの開発と運用

»

「ビジネスの成果に貢献すること」

情報システムの役割は今も昔も変わりません。しかし、「ビジネスの成果」に結びつくプロセスが変わってしまいました。当然、情報システムのアプローチも変わらなくてはなりません。

スクリーンショット 2017-11-28 8.41.18.png

「ビジネスの成果」とは、売上や利益を上げること、あるいは、お客様の満足度を高めることです。その仕事の担い手は人間が手足を動かし産み出すものでした。かつて、情報システムは、そんな人間の働いた成果を確実に記録し、事務や業務の手続き効率よくこなす手段として利用されてきました。いわば、間接的にビジネスの成果に貢献してきたのです。このような情報システムをSystem of Record(SoR)と呼んでいます。

その後、インターネットの普及により、お客様との接点は、Webやモバイルへと拡がり、金融や物販、そして多くのサービスが、デジタル空間へとシフトすることになります。その結果、デジタル空間は、お客様との接点を産み出し、売上や利益を上げる市場としての機能を拡大してゆきます。情報システムは、そんなデジタル空間で、お客様との接点を産み出し、お客様の満足度を高めて良好な関係を維持し、売上や利益を上げる直接の手段として、その役割を期待させるようになったのです。そのための情報システムがSystem of Engagement(SoE)です。

SoRは業務の効率化やコストの削減が目的ですから少しでも抑制したい、削減したい対象として捉えられます。一方、SoEは売上や利益の拡大が目的ですから、それに結びつくのであれば、投資も惜しみません。かくしてSoEへの比重が高まりつつあるのです。

SoRは前提となる業務があり、その業務を情報システムにより「改善」することが目的です。何が正解なのかを業務の現場が判断できます。お客様に正解を教えてもらえる情報システムです。しかし、SoEは前提となる業務がありません。デジタル空間に新たなお客様接点を創り出し、ビジネスモデルを創ってゆかなくてはなりません。そのために、業務の専門家とITの専門家が一緒になって、情報システムを創りあげてゆかなければならないのです。

SoEにとって何よりも大切なのはスピードです。何が正解かが分からない中で、実際にビジネスを実践しながら正解を探してゆかなければなりません。また、顧客の志向やテクノロジーが変われば、それにも対応してゆかなければなりません。そのスピードがビジネスの成果に直接結びついています。

このブログで継続してお伝えしてきたアジャイル開発やDevOps、クラウドは、そんな文脈の中で捉えてゆく必要があります。

スクリーンショット 2017-11-28 8.40.11.png

情報システムの重心がSoRからSoEへと移りつつあるいま、限られた人的スキルはSoEにシフトしてゆかなければなりません。だから、これまで人手をかけていた開発や保守、運用はAIや自動化の仕組みに委ね、ビジネスとITの新しい組合せを考え、その仕組みを築いてゆくプロセス、すなわちイノベーションに人間の時間を割く必要があります。また、そのための仕組みを作るのが昨日のブログで紹介したSite Reliability Engineer(SRE)です。

求められるビジネスの成果が変われば、求められる情報システムも変わるのは当然のことです。この現実に向きあうことが、お客様の期待に応えることであり、それなくしてITビジネスの成長かないことは、もはや言うまでもありません。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

11月版リリース

LIBRA_logo.png

================================
・コンピューターやITのトレンドについて新しいチャートを追加しました。
・人工知能研究の新しいトピックを追加しました。
・社員研修の教材として「チームを元気にするリーダーシップとマネージメント」を追加しました。
・人工知能、IoT、インフラの解説を追加・改訂致しました。
================================
ITの歴史と最新トレンド
【新規】コンピューターとは何か p.3
【新規】コンピューター誕生の歴史 p.4
【新規】歴史から見たITトレンド p.5

人工知能とロボット
【新規】コレ1枚でわかる人工知能 p.10
【改訂】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.11
【改訂】コレ1枚でわかる人工知能とロボット p.12
【改訂】これまでの機械学習とディープラーニング p.43
【新規】敵対的生成ネットワーク GANs  p.72
【新規】深層強化学習 p.73
【改訂】自律走行できる自動車 p.105
ノートに記載の解説を改訂・追加しています。

IoT
【新規】M2MとIoT p.7
【新規】IoTと関連テクノロジー p.16
【新規】モノのサービス化の本質 p.39
【新規】IoT World Forumのリファレンス・モデル p.53
【新規】IoTの開発や実行環境 p.55
【改訂】LPWAネットワークとは p58
【改訂】LPWAネットワークの位置付け p.61
【改訂】LPWA主要3方式の比較 p.61
【改訂】ガソリン自動車と電気自動車(部品点数ほか) p.90
【補足】ノートに記載の解説を改訂・追加しています。

ビジネス戦略
【新規】デジタル・トランスフォーメーション p.4
【新規】デジタル・トランスフォーメーションとは p.6
【新規】何が起こっているのか p.29
【新規】IT事業者の働き方改革 p.30

クラウド・コンピューティング
【改訂】クラウドを使うことの狙い p.24

サービス&アプリケーション・基本
・変更はありません。

サービス&アプリケーション・開発と運用
【新規】情報システム部門に期待される役割 p23

インフラストラクチャー
【改訂】マイクロソフトの新戦略 p.59
【新規】仮想マシンとコンテナの稼働効率 p.95
【新規】サイバーセキュリティについての解説を追加(15ページ) p116-130
【改訂】コンバージド・システムとハイパーコンバージド・システム p.138-139
【補足】ノートに記載の解説を改訂・追加しています。

テクノロジー・トピックス
【新規】ARMについての解説を刷新 p.19-24

研修教材
【一般社員研修】チームを元気にするリーダーシップとマネージメント

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する