最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

【図解】コレ1枚でわかる仮想化の本当の意味

»

スクリーンショット 2017-10-26 6.19.07.png

日本語の「仮想」という言葉を聞くと、「虚像の」、「実態のない」という語感を思い浮かべてしまいます。ところが、この言葉の元となった英語の「Virtual」は、どうもそういう意味ではないらしいのです。調べてみると、「(表面または名目上はそうでないが)事実上の/実質上の/実際の」という意味があるようです。また、ラテン語の語源を見ると「力のある〜」と記されています。

辞書を引くと英語の文例には、次のような記述がありました。

It was a virtual promise.
 (約束ではないが)実際には約束も同然だった。

He was the virtual leader of the movement.
 彼はその運動の事実上の指導者だった。

He was formally a general, but he was a virtual king of this country.
 彼は公式には「将軍」ではあったが、彼はこの国の実質的国王だった。

このように見ていくと、私たちがITの用語として使っている「仮想化=Virtualization」は、次のような意味と理解するのが、自然かも知れません。

「物理的実態とは異なるが実質的機能を実現する仕組み」

仮想化は決して、「虚像で実態のないシステムを作り出す仕組み」ではないのです。

つまり、サーバーやストレージ、ネットワークの物理的な構成や機能、性能とは異なる形態をしているが、実質的には、これと同様の機能を実現する技術と考える方が現実に即しています。つまり仮想マシン(Virtual Machine)とは、元の物理マシンと同等の機能を実現する実質的な機械ということになるでしょう。

私たちは、物理的な実態がそこになければ、その存在を認めにくいものです。しかし、考えてみれば、物理的実態にかかわらず、必要な機器構成や機能、性能と同等のものが、実質的に使えるのならば十分です。

「仮想化」とは、まさに物理的なシステム資源とは異なるが「実質的」には、物理的なシステム資源と同等の扱いができるものを実現し、ユーザーに提供する仕組みなのです。

最新版(10月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

========================================================

・人工知能についての新規チャートと解説を大幅に増やしました。
・トレンドにコンピュータの歴史について新たなチャートを追加しました。
・講演資料として「未来を味方にする学び方」を追加しました。

========================================================

ITの歴史と最新のトレンド
【新規】コンピュータとは何か p.3
【新規】コンピュータ誕生の歴史 p.4
【改訂】歴史から見たITトレンド p.5
クラウド・コンピューティング
【改訂】クラウドの定義/サービス・モデル (Service Model)・詳細 p.35
【新規】マルチテナント方式の課題を解決する選択肢 p.40
インフラ&プラットフォーム
 *変更はありません
サービス&アプリケーション・先進技術/人工知能とロボット
【改訂】コレ1枚でわかる人工知能とロボット・解説改訂 p.11
【改訂】人工知能の3つの役割と人間の進化・解説追加 p.11
【新規】自動化と自律化の領域 p.15
【改訂】自動化から自律化への進化 p.16
【改訂】人工知能やロボットの必要性・解説追加 p.22
【改訂】「人に寄り添うIT」を目指す音声認識・解説追加 p.35
【新規】機械学習と推論(1)〜(3) p.47-49
【新規】ディープラーニングの音声認識能力 p.55
【改訂】人工知能・機械学習・ディープラーニングの関係・解説改訂 p.56
【改訂】第3次AIブームの背景とこれから・解説改訂 p.57
【改訂】「記号処理」から「パターン認識」へ・解説改訂 p.63
【改訂】人間の知性の発達と人工知能研究の発展・解説改訂 p.64
【新規】人間の知性と機械の知性 p.85
サービス&アプリケーション・先進技術/IoT
【新規】IoTの三層構造 p.41
ビジネス戦略
【新規】デジタル・トランスフォーメーション p.4
サービス&アプリケーション・基本
 *変更はありません
サービス&アプリケーション・開発と運用
 *変更はありません
トピックス
 *変更はありません

講演資料
未来を味方にする学び方
 実施日: 2017年9月26日
 実施時間: 50分
 対象者:ITベンダー・情報システム部門
 最新トレンドの勉強方法について、自ら体験を交えて解説。

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する