最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

新規事業のきっかけが見つからない。何が問題か、どうすればいいのか?

»

「どのようにきっかけを見つければいいのでしょうか?」

money_toushi_shippai.png

SIerで新規事業を担当される方からこんな質問を頂いた。まいった、どのように答えればいいのだろう。「きっかけ」などというものは、は試行錯誤をして自ら見つけるしかない。どんな会社にも当てはまるような「こうすればいいですよ」などないからだ。

しかし、そういう試行錯誤の「きっかけ」さえも思い浮かばないという。本人の意識が低いか、それとも、この方がそもそもそんな仕事に向いていないか。いろいろと話しをきいてみると、どうやらもっと本質的な問題がありそうだと思い始めた。

稼働率を限界まで高めなければ利益を確保できないSI事業者にとって、「新規事業開発」などという稼働率を下げる行為をする余裕はない。「営業力」で仕事を作ってきたわけで、新しい事業やお客様を創造するマーケティングの経験もない。テクノロジーやスキルもお客様の要望に対応する形で取り入れてくればよく、トレンドの先を見越してノウハウを蓄積する必要もない。そんな状況を考えれば、試行錯誤の「きっかけ」さえも見つけられないのは仕方のないのかもしれない。

しかし、大型プロジェクトが終了しつつあるなか、稼働率の低下は避けられない。いまでさえ「工数需要はあっても単金が上がらない」現実に直面しているわけで、利益の確保はますます難しくなる。この現実に対処するためには、キャッシュフローが回っているうちに次のビジネスへの道筋を確かなものにしておかなければ、生き残ることは難しくなるだろう。

また、パブリック・クラウドへの移行やオープン・テクノロジーの活用が急速に進む中、機器の販売や保守、ソフトウエア・ライセンスなどの収益も先細りすることも考えておかなければならない。

そんな状況の中にあって、新規事業開発の「きっかけ」さえ見つけられないとすれば、これはかなり深刻な状況にあると考えるべきだでは、どうすればいいのか。

若手のエンジニアを信じ彼らにきっかけを見つけさせる

ここでいう「エンジニア」というのは、コードを書くことが大好きで家でもコードを書き、コミュニティや勉強会に積極的に関わり、好奇心が旺盛で新しいことに飛びついてゆく人たちのこと。

そういう人たちは、世の中の動きに敏感だ。ビジネスのセンスがあるかどうかはともかくとして、「きっかけ」を見つけることはできるかもしれない。そういうエンジニアたちの声に真剣に耳を傾け、ビジネスの種を探してみてはいかがだろう。

専任の新規事業担任者を選任する

稼働率が全てに優先する企業にとって新規事業の専任者を置くことは容易なことではない。それでも新規事業を開拓しなければと考えている企業は、本業の放課後に「新規事業開発プロジェクト」なるボランティア活動を行っている。しかし、このようなやり方では業績評価に直結する本業を優先させるのは当然のこと。何の成果も生み出せないままに、いつのまにか消滅しているといったことも多い。

だからといって最初から大勢を専任にすることは難しい。しかし、新しいことへの好奇心や現状への問題意識を持ち、高いコミュニケーション能力と責任感の強い人材をまずは専任で新規事業に取り組ませるべきだ。また、彼の取り組みを支援するために、既存の事業部門が持つ予算の一部を彼らに割り当て、その計画と成果を評価する関係を作ってはいかがだろう。そうやって新規事業がうまく動き出せば、専任者や予算を拡大してゆく。

ただし、拙速に大きな成果をもとめるべきではない。試行錯誤こそが彼らの役割だ。言うなれば「研究開発投資」として割り切らなければならない。ただ、その意義や見通しを説明する責任は彼らにある。

経営者や事業部門長は、それを評価する責任を持つ。そのときの基準は、「規模は小さくても高い利益を稼げる事業」だ。拙速に規模を求めてはいけない。既存事業と同じ基準で評価すべきではない。

経営者が危機感を持つ

「工数需要はあっても利益が出ない」現実が意味するところは、自分たちが提供している「商品」に、差別化できるほどの魅力がないことを示している。大型プロジェクトの消滅は、いま確保できている工数需要さえも危うくさせることになる。この現実に真摯に向き合う必要がある。

「これまでも厳しい時代はあったが、何とか乗り越えてきた。これからも何とかなる。」

そんな自信を示される経営者もいるが、そうなればそれで良かったと胸をなで下ろせば良い。しかし、そうならなければ生き残ることはできないからこそ、リスク・サイドに立って現実を直視し、新規事業開発に取り組むべきだ。

経営者はテクノロジーやビジネスのトレンドにしっかりと向き合い、勉強すべきだ。そして、いま自分たちが置かれている現実にしっかりとした裏付けを与え、危機の本質を納得できなくてはならない。しかし、これだけで危機感を持ったとはいえない。経営者であれば、それを行動で示すこと。叱咤激励や訓示を垂れることではない。

例えば、先に示した「エンジニアに耳を傾ける」や「専任者を置く」といった具体的な行動を起こし、社内に危機感をカタチで示すことだろう。気持ちや言葉は後からついてくる。まずはカタチだ。それが「きっかけ」を生みだす、もっとも効果的な方法といえる。

新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

「お客様の話しに、ついてゆけません。言葉が分からないんです。」

こんな話をする新入社員は少なくありません。もちろん経験のない彼らが仕事をうまくこなせないのは当然のことです。しかし、「言葉が分からない」というのは別の問題です。

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることなく現場に送り出されてしまいます。そのため、お客様が何を話しているのか分からないままに、曖昧な応対しかできず、自信を無くしてしまう、外に出るのが怖いなどの不安をいだいている新入社員も少なくないようです。

そんな彼らに、ITの最新トレンドを教え、ITがもたらす未来への期待、そこに関わることへの誇りを持てるようにと企画しました。

参加費が1万円なら、懐の寂しくても自腹で参加できるはずです。また、既に新入社員研修の予算を使い切った企業でも、何とかやりくりして頂けるのではないでしょうか。そんな想いで、この金額にしてみました。また、100ページを超えるテキストは、パワーポイントのままでロイヤリティフリーで提供させて頂きます。

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【第1回】8月28日(月)10:00〜17:00
    • 【第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(7月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【2017年7月】をリリースいたしました。

==========================================
今月度は、AIとIoTを中心に大幅に資料を追加しています
==========================================
ビジネス戦略編
【新規】3つのIT:従来のIT/シャドーIT/バイモーダルIT p.23
サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
【新規】IoTとAIの一般的理解と本当のところ p.4
【新規】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.12
【新規】自動化から自律化への進化 p.16
【新規】スマートマシンの必要性 p.16
【新規】人工知能のロボットへの実装 p.24
【新規】専門家と人工知能 p.26
【新規】人工知能は知的望遠鏡 p.27
【新規】ITと人間の関係の変遷 p.33
【新規】これまでの学習とディープラーニング p.42
【新規】ルールベースと機械学習 p.43
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】IoTとAIの一般的理解と本当のところ p.15
【新規】従来のやり方とIoTの違い p.18
【新規】LPWAとは p.51
クラウド・コンピューティング編
変更はありません
サービス&アプリケーション・基本編
【新規】ERPシステム/パッケージとクラウドでの利用形態 p.11
【新規】SOAの狙いと成果 p.27
開発と運用編
【更新】ウォーターフォール開発とアジャイル開発 p.17
インフラ&プラットフォーム編
【新規】認証基盤 p.117-118
【新規】認証に関わる課題 p.119
【新規】シングルサインオンとフェデレーション p.120
【新規】Apache Spark p.179
トピックス編
 変更はありません
ITの歴史と最新のトレンド編
 変更はありません

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する