最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

新規事業に求められる「3つの新規」

»

如何なる企業にとっても新規事業開発への取り組みを欠かすことはできない。それは既存事業がもはや先が見えているからと言うことだけではなく、たとえいまが「順調」であっても、いつそれが脅威にさらされるか分からないからだ。例えば、世界のタクシー業界はUberなどのライドシェア・サービスに顧客もドライバーも持っていかれてしまい存亡の危機に立たされている。また、自動車業界もGoogleやTeslaといった企業に戦々恐々としている。それは、エンジン自動車に比べ圧倒的に部品点数か少ない電気自動車の時代になれば、機械加工や組み立てノウハウの蓄積がない企業でも参入が容易になること、また、車の機能や性能の多くがソフトウエアに依存するようになると、ソフトウエアの開発力が製品の競争力になると考えられるからだ。車載OSで覇権を握られれば、Windowsがコンピューターで、Androidがスマートフォンでそうであったようにハードウェアはコモディティ化し、既存の競争力の源泉を失ってしまうことになるからだ。

自動車の自動運転技術がもはや当然と受けとめられているように、情報システムの運用も自動化し、システムの開発やテスト、インフラの構築も自動化してゆくことは必然の流れだ。そうなれば、そこで工数を稼ぐビジネスは、必然的に成り立たなくなってしまう。

こういう時代の変化が直ちに自分たちに影響を与えることがないにしても、それは確実にくるものであるという想定に立って、取り組んでゆかなければならない。

「イノベーションのジレンマ」の著者であるクレイトン・クリステンセンは、新規事業への取り組みについて、「新機事業に成功した9割の企業は、試行錯誤を繰り返しながら成功するまで資金が続いた企業だ」と述べている。当たり前のような話しだが、もし思わぬ新規参入者が登場し、事業を圧迫されキャッシュフローが持たなくなった段階で、すぐにでも「稼げる新規事業を立ち上げろ!」と叫んでも、そんな簡単にできることではないことではないということだ。

さて、そんな新規事業の取り組みだが、「何が新規なのでしょうか?」と首をかしげるような話を伺うこともある。既存の事業の改善や拡張であり、顧客もまた既存の顧客の範囲に留まっている。

もちろん、それがダメなわけではないが、既存事業に限界があるから新規事業への取り組みを模索するのであれば、既存事業の改善や拡張は、当面の食い扶持を稼ぐための延命措置にすぎない。本当の意味での新規事業を模索しなければ、やがては行き詰まってしまう。

では、本当の意味での新規事業には、どのような「新規」が必要なのだろう。

新規の価値

価格であれば、従来よりも1割安いとか3割安いということでは新規性はない。1/10や1/100といったことを示すことができれば、新規性があると言える。例えば、京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が日本でのサービス提供を始めた「Sigfox」は、年額100円程度の利用料金から使える無線通信サービスだ。IoTを想定した用途に限定されるとは言え、既存の携帯電話サービスではとても実現できない料金だ。

もちろん既存の携帯電話で使われている通信サービスを代替するものではない。しかし、用途や目的を絞ることで、これまで高くて使えなかった、あるいは諦めていたという潜在需要を拾い上げてゆく可能性がある。

価格だけではなく、潜在的に需要はあるけど適当な技術がない、サービスがないといった状況に新しい解決策を提供することが、新規事業に求められる「新規の価値」といえる。

新規の顧客

価値が新しくなれば、その価値を求める顧客も変わる。むしろ、顧客を変えるために、その顧客が必要とする価値を提供するという視点を持つべきだ。

既存の顧客とは既存の価値を受け入れ、収益をもたらしてくれる存在だ。しかし、そのことが先行きへの不安を募らせているのであるとすれば、可能性のある新規の顧客を求めなくてはならない。例えば、情報システム部門だけが顧客という企業にとって、彼らを新規事業の顧客として考えることは現実的ではない。

同じお客様であっても事業部門や経営者を顧客にする。あるいは、これまで関わったことのない、企業や業界を顧客にすることを視野に入れなければならない。

スクリーンショット 2017-07-20 6.51.26.png

そのためには、こんなことができる、こんな技術がある、こんなスキルがあるから、これを使って何かできないだろうかという「シーズ起点」の発想を一旦棚上げすることだ。そして、これまで関わってきた企業や業界について、改めて深く考察し、お客様の現場の目線で彼らの抱える切実な課題と向き合うこと。そして、それを解決するために「何をすべきか」を考えることだ。

「何ができるか」ではない。自分たちでできることだけで解決しようとするから、事実をゆがめ、自分たちに都合のいい新規事業しか描けなくなってしまう。「何をすべきか」を考えれば、それを実現するために自分たちに「できること」と「できないこと」が見えてくる。

「できること」は考えなくてもできるから、「できないこと」をどのようにできるようにするかを考えることだ。そして、既に手もとにある「できること」と組合せ「すべきこと」を実現する。このような「ニーズ起点」の取り組みが新規事業を成功に導く。

新規の顧客とは、この「ニーズ起点」の取り組みからしか生みだすことはできない。

新規の評価

「サービス・ビジネスへの移行が最大の経営課題。各事業部門そして営業はそのために邁進して欲しい!」

そんな経営者のかけ声の一方で、業績の評価基準が「売上金額と利益金額」のままでは、現場のモチベーションは上がらず、思惑に沿った事業転換はすすまない。また、新規事業への先行投資も事業予算であり、それもまた既存の業績評価の枠組みの中でしか使えないとなると、ますます既存の仕事で何とかしようとなる。

事業戦略と業績評価基準を連動させなければ、現場は動かない。それができないとすれば、新規事業に取り組む人材を別組織にして業績評価基準を変えるとか、別会社にするなどしなければ、現場の力を新規事業に向けることはできない。精神論だけで人は動かない。評価や報酬が伴ってこそ、人は持てる力を発揮できる。

例えば、月額制のサービス事業の業績を評価するとき、契約以降3年分の売上と利益を業績として評価する。あるいは、初期投資分を業績評価の原価に参入せず、売上を全て利益として計上し評価するなどの方法で、事業戦略と現場のモチベーションを関連づけて成果をあげている企業もある。

このように新規事業は業績の評価も新しくしてこそ、現場を味方に付けられることを理解しておくべきだろう。

新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

「お客様の話しに、ついてゆけません。言葉が分からないんです。」

こんな話をする新入社員は少なくありません。もちろん経験のない彼らが仕事をうまくこなせないのは当然のことです。しかし、「言葉が分からない」というのは別の問題です。

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることなく現場に送り出されてしまいます。そのため、お客様が何を話しているのか分からないままに、曖昧な応対しかできず、自信を無くしてしまう、外に出るのが怖いなどの不安をいだいている新入社員も少なくないようです。

そんな彼らに、ITの最新トレンドを教え、ITがもたらす未来への期待、そこに関わることへの誇りを持てるようにと企画しました。

参加費が1万円なら、懐の寂しくても自腹で参加できるはずです。また、既に新入社員研修の予算を使い切った企業でも、何とかやりくりして頂けるのではないでしょうか。そんな想いで、この金額にしてみました。また、100ページを超えるテキストは、パワーポイントのままでロイヤリティフリーで提供させて頂きます。

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【第1回】8月28日(月)10:00〜17:00
    • 【第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(7月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【2017年7月】をリリースいたしました。

==========================================
今月度は、AIとIoTを中心に大幅に資料を追加しています
==========================================
ビジネス戦略編
【新規】3つのIT:従来のIT/シャドーIT/バイモーダルIT p.23
サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
【新規】IoTとAIの一般的理解と本当のところ p.4
【新規】人工知能の3つの役割と人間の進化 p.12
【新規】自動化から自律化への進化 p.16
【新規】スマートマシンの必要性 p.16
【新規】人工知能のロボットへの実装 p.24
【新規】専門家と人工知能 p.26
【新規】人工知能は知的望遠鏡 p.27
【新規】ITと人間の関係の変遷 p.33
【新規】これまでの学習とディープラーニング p.42
【新規】ルールベースと機械学習 p.43
サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】IoTとAIの一般的理解と本当のところ p.15
【新規】従来のやり方とIoTの違い p.18
【新規】LPWAとは p.51
クラウド・コンピューティング編
変更はありません
サービス&アプリケーション・基本編
【新規】ERPシステム/パッケージとクラウドでの利用形態 p.11
【新規】SOAの狙いと成果 p.27
開発と運用編
【更新】ウォーターフォール開発とアジャイル開発 p.17
インフラ&プラットフォーム編
【新規】認証基盤 p.117-118
【新規】認証に関わる課題 p.119
【新規】シングルサインオンとフェデレーション p.120
【新規】Apache Spark p.179
トピックス編
 変更はありません
ITの歴史と最新のトレンド編
 変更はありません

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する