最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

プレイング・マネージャーという言い訳

»

「あれだけ言ってもダメ。ほんとうに、こまったものです。だから自分がやらなきゃならない。」

あるソリューション・ベンダーの営業課長から、こんな愚痴をきかされた。しかし、彼の部下からはこんな言葉が返ってきた。

「私が担当なのに、なんでも自分で決めてきてしまって、事務処理やこまごまとした交渉ごとだけをやらせるんです。これじゃあ、やる気もおきませんよ。」

ひと昔前までは、「マネージャー」は、専業の管理職でよかった。しかし、バブルが崩壊し、リストラ共に管理職ポストも激減、 組織のフラット化がすすんだ。「プレイング・マネージャー」という言葉は、そんな時代背景の中から、生まれてきたように思う。

一方、経営側にすれば、売上げに貢献しない専業の管理職よりも、売上を上げてくれるプレイヤーのほうがありがたい。だから、「プレイング・マネージャー」というかっこいい名称を与え、プレイヤーとして活躍してもらい、同時に「あなたは、管理職なんですよ」と持ち上げておく。彼らは、営業担当者としての役割を担いつつ、管理職としての仕事も期待される。経営者にとっては都合がいい。しかし、本人にとっては、実に複雑な立場に立たされているともいえる。 

本来、「プレイング・マネージャー」になるような人は、プレイヤーとして優秀だから、その役を任せられる。そんな彼らから部下を見ると「どうして、そんな簡単なことができないんだ」と思えてしまう。そして、「ああ、見ていられない、自分がやったほうが早い」と、部下を押しのけてプレイヤーをやってしまう。そうなると、ますますプレイヤーとしての仕事が忙しくなって、部下のモチベーションを下げる。当然、部下の面倒を見る余裕もなくなってしまう。

そんな悪循環を抱え込んでしまっているのが、プレイング・マネージャーだ。

businessman_busy.png

彼等の最大の不幸は、プレイヤーとして部下の競争相手になることだ。マネージャーとして手をさしのべるべき相手が同時にライバルとなるという根本的矛盾を抱えている。

また、何をすべきかを教えられていないことも問題だろう。そもそも、マネージャーなのかプレイヤーなのか、はっきりしないポジションであり、経営者もそれを都合良く使い分ける。

確かにプレイヤーとしては、優秀だったかもしれない。しかし、マネージャーの優秀とは違う。本人にしてみれば、任された以上はマネージャーとして役割を果たしたいとおもうだろうが、その部分だけをきりはなすわけにもいかず、どうすればいいのか分らない。プレイング・マネージャーは、そんなジレンマを抱えている。

「立場が、人を作り能力を磨くもの」

経営者はそれを期待するだろうが、自助努力で学んで下さいト言っている過ぎない。その一方で、数字のノルマは、「マネージャーになったのだから」と一層厳しく求められる。それは、マネージャーになったならないとは別のはなしだ。

一方で、これはプレイング・マネージャーにとっては、ある意味大きな救いでもある。数字を達成するためには、部下に任せていられない。自分がやるしかないと言い訳ができる。経営者も数字が大切だから、それを受け入れざるを得ない。ここに両者の暗黙の了解が出来上がる。

人は、誰しも楽しいことをやっているほうが、気持ちがいい。営業であれば、お客様と話しをし、商談を進めることは楽しいものだ。優秀なプレイヤーであればあるほど、やり方は心得ているわけで、マネージャーとしての仕事をするよりは、プレイヤーとして動き回るほうが、気持ちが楽なはずだ。

一方、マネージャーは、部下が抱える案件の進捗把握、フォーキャスティング、組織としての予算達成、管理資料の作成や疲れる会議への出席、できない部下 の育成などなど、なれない仕事を任される。その結果、自分の仕事(=プレイヤーとしての仕事)ができないという気持ちになる。ますます、マネージャーとしての仕事から気持ちが遠のいていく。

こういう会社は、往々にして次のような問題を抱えている。

  • 若手が、なかなか育たない。
  • 大きな数字は、特定の個人(優秀といわれるベテラン営業)に依存している。
  • 社内のローテーションがうまく進まない。

つまり、ひとりひとりの営業力の底上げや、組織として力を発揮することができない。プレイイング・マネージャーが、ダメだというつもりはない。しかし、彼に何を期待し、何をしてもらいたいのかをはっきりとさせるべきだろう。

プレイヤーが優先なのか、それともマネージャーを優先してほしいのか?これをはっきりしないまま、あるときは、プレイヤーを期待し、あるときは、マネージャーを期待する。これでは不安になるばかりだ。

このような状況では、まじめな人ほど、両方を何とかしなければとがんばる。その結果、どっちつかずになり、「自分は、なんてダメなんだ。やっていけるだろうか?」という不安が募る。それが、きっかけとなって、心を病む人も出てしまう。これは、本人の資質ややる気の問題ではない。多くは、経営者の責任だろう。

  • 役割や心構えを徹底できていない。
  • 必要な能力の育成をないがしろにしている。
  • マネージャーの評価基準が、プレイヤーの延長線上にしかない。

第一点目は、プレイング・マネージャーのあるべき姿が、示されていない、共有できていないこと。これでは、何を目標にすればいいのかがわからない。

第二点目は、育成の仕組み。エンジニアのための技術研修は、どこも熱心だが、営業や営業マネージャーの研修というものは、意外とないがしろにされている。営業マネージャーは、事務職や技術職とは、違う能力が求められる。それにもかかわらず、この点に関心を示さず、育成に関心を示さない経営者も少なくない。

最後は、マネージャーの評価基準を予算の達成に重きをおいている企業が少なくないということ。もちろん、数字目標の達成は不可避ではあるが、それだけではなく、部下の育成や組織力の向上について達成目標を示し、それを昇進や昇給に連動させているとしても、その評価の重みは低い。

プレイング・マネージャーという言葉の意味を真剣に考えてみてはどうだろう。本当に力を発揮できるプレイング・マネージャーとは、どのような人材なのだろうか。彼らは、どんな能力を備え、コンピテンシーを持つべきなのか。その役割は、担当営業と同じでいいはずはない。そこをちゃんと考え、彼らに示してあげることは経営者の大切な役割だ。

また、プレイング・マネージャーである当事者も、自分の役割について考えなくてはいけない。漠然と不安を抱え込むのではなく、冷静に、客観的に自分を内省してみることが必要だ。

プレイング・マネージャーという言い分けで、やるべきことを曖昧にさせてはいけない。経営者も当事者も、この点については同じだろう。


新入社員のための最新ITトレンド・1日研修

「お客様の話しに、ついてゆけません。言葉が分からないんです。」

こんな話をする新入社員は少なくありません。もちろん経験のない彼らが仕事をうまくこなせないのは当然のことです。しかし、「言葉が分からない」というのは別の問題です。

IoT、AI、クラウドなどのキーワードは、ビジネスの現場では当たり前に飛び交っています。しかし、新入社員研修ではITの基礎やプログラミングは教えても、このような最新ITトレンドについて教えることなく現場に送り出されてしまいます。そのため、お客様が何を話しているのか分からないままに、曖昧な応対しかできず、自信を無くしてしまう、外に出るのが怖いなどの不安をいだいている新入社員も少なくないようです。

そんな彼らに、ITの最新トレンドを教え、ITがもたらす未来への期待、そこに関わることへの誇りを持てるようにと企画しました。

参加費が1万円なら、懐の寂しくても自腹で参加できるはずです。また、既に新入社員研修の予算を使い切った企業でも、何とかやりくりして頂けるのではないでしょうか。そんな想いで、この金額にしてみました。また、100ページを超えるテキストは、パワーポイントのままでロイヤリティフリーで提供させて頂きます。

実施内容

  • 日時:下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)
    • 【第1回】8月28日(月)10:00〜17:00
    • 【第2回】9月04日(月)10:00〜17:00
      • *昼休み1時間、休憩随時
  • 会場:株式会社アシスト・本社1階セミナールーム/市ヶ谷
  • 定員:50名/回
  • 費用:1万円(税込10,800円)
    • 新入社員以外(例えば、他業界からIT業界に転職された方や人材開発・研修担当の方)で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,040円)でご参加いただけます。
  • 内容:
    • ITビジネスの歴史と最新トレンド
    • クラウド・コンピューティング
    • ITインフラと仮想化
    • サイバーセキュリティ
    • IoT
    • AIとロボット
    • アジャイル開発とDevOps
    • これからのITとITビジネス

詳しくはこちらをご覧下さい。

ITソリューション塾・福岡・第2期 募集中!

知っているつもりの知識から、説明できる、実践に活かせる知識へ変えてゆく。そんな研修がスタートします。

東京で9年目を迎えるITソリューション塾には、既に1500名を超える卒業生がいらっしゃいます。また、昨年より大阪と福岡でも始まりました。特に福岡では、他の会場にはない「自分のビジネスを成功させるためのワークショップ」もあわせておこないます。

ITについての体系的な知識を身につけたい、提案力を高めたい、コンサルや交渉の力を高めたい。そんな皆さんのための実践的プログラムです。ふるってご参加下さい。

日程 2017年7月11日〜10月3日 全7回 13:30〜17:30
回数 全7回
定員 40名
会場 福岡県Ruby・コンテンツ産業振興センター
料金 ¥65,000 (税込み¥70,200-)
全期間の参加費と資料・教材を含む
詳細 ITソリューション塾[福岡] 第2期 講義内容/スケジュール
申し込み 上記リンクのパンフレットをご参照ください。

【図解】コレ一枚でわかる最新ITトレンド 増強改訂版

スクリーンショット 2017-04-24 12.36.16.png

  • 何ができるようになるのか?
  • どのような価値を生みだすのか?
  • なぜ注目されているのか?

「知っている」から「説明できる」へ
実践で「使える」知識を手に入れる

  • IoT とインダストリー4.0
  • AR とVR
  • 人工知能と機械学習とディープラーニング
  • サーバ仮想化とコンテナ
  • ネットワーク仮想化とSD-WAN
  • アジャイル開発とDevOps
  • マイクロサービスとサーバレス

キーワードは耳にするけど、
それが何なのか、何ができるようになるのか、
なぜそんなに注目されているのか理解できてなかったりしませんか?

最新版(6月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【2017年6月】をリリースいたしました。

今月は、特にブロックチェーンや5Gについてのプレゼンテーションを充実させています。
==========

ビジネス戦略編
【新規】根拠なき「工数見積」と顧客との信頼関係の崩壊 p.32
【新規】工数ビジネスの限界 p.34

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】IoTとAIの一般的理解と本当のところ p.15

サービス&アプリケーション・先進技術編/人工知能とロボット
【新規】自動化と自律化 p.14
【新規】学習と推論 p.27
【新規】うんコレ1枚でわかる画像認識 p.34
【新規】自動運転のためのプラットフォーム p.81

サービス&アプリケーション・基本編
変更はありません

開発と運用編
【新規】「仕様書通り作る」から「ビジネスの成果への貢献」へ p.11

クラウド・コンピューティング編
【変更】パブリッククラウド p.38
【新規】クラウドの見積り方(1)と(2) p.79-80

インフラ&プラットフォーム編
【変更】ウェアラブル=身体に密着するデバイス p.21
【新規】ウェアラブル・デバイスの進化 p.22
【変更】ウェアラブル・デバイスの種類と使われ方 p.23
【新規】これからのクライアントを占うキーワード p.25
【新規】ユビキタスコンピューティング = 10年前のIoT p.26
【新規】スマートフォーム p.27
【変更】ユビキタスからアンビエントへ p.28
【新規】ビーコン 事例 p.29
【新規】VR 事例p.30
【新規】AR 事例p.31
【新規】MR 事例p.32
【新規】セキュリティ対策対象の変化 p.112
【新規】コレ1枚でわかる第5世代通信 p.209-211

テクノロジー・トピックス編
【新規】ARM:2016年の売上高は16億8900万ドル p.22
【新規】ARM:ライセンスパートナー p.23
【変更】ARM:拡がる適用分野 p.26
【新規】ARM:CPU設計から製造まで p.27
【新規】ブロックチェーンとは何か p.33
【新規】ブロックチェーンの3つの特徴 p.32-36
【新規】ブロックチェーンで使われる暗号技術 p.37-38

ITの歴史と最新のトレンド編
【新規】ソフトウェア化するモノ p.11

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4Amazonで購入
未来を味方にする技術
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する