最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

AIで個別教育が当たり前の時代に人間の講師には何が求められるのか

»

「イノベーションのジレンマ」の著者であるクレイトン・クリステンセンは、2008年の著書「教育×破壊的イノベーション」において、ITの発展が教育に変革をもたらすことを予見しました。その中でも特に大きな変革として、「教育の個別化」を上げています。彼は、この点について、次のように述べています。

  • 教育手法の改善は、生徒や保護者のニーズの変化よりも速いペースで進行する。
  • 教育手法の改善は、「すべての生徒に対して一律の学び方をする(一律教育)」既存手法の改善と、「一人ひとりの生徒が異なる学び方をする(個別教育)」新しい方法が登場する。後者が「破壊的イノベーション」となる。
  • 個別教育を実現するためにITが活用されるが、最初のうちは、既存の教育ニーズを十分満たすことができない。そのため、既存の教育関係者の多くは、一律教育の手法を改善することで教育の質的向上を図ることを優先し、その一部としてITを限定的に使うことに留まる。
  • ITを活用することで、ひとり一人の個性や嗜好、理解力などを考慮した個別教育が実現する。それらは、既存の教育サービスを享受できていない、あるいは、そのやり方では学習成果をあげられない人たち(無消費者)での利用からはじめることで、徐々に存在感を高め、やがては既存の一律教育を置き換える。
  • 個別教育を拡大させるためには、既存の教育システムから分離して導入を進めるべきである。

大学の講義をインターネットで無料公開する「MOOC」や人工知能による個別適応学習(Adaptive Learning)サービスなど、ITを使った個別教育が、いま実現しつつあり、まさにクリステンセンの予言通りです。

figure_presentation.png

企業研修もいずれはこのやり方が普通となってゆくでしょうし、むしろ年齢や経験の差は学生以上に大きいわけですから、個別教育へのシフトは必然の流れです。ITにより既存の常識が崩壊し、新しい常識に適応してゆかなければなりません。そうなれば、仕事も変わってゆきます。その変化に対応するため、教育は大きな役割を果たすことになります。

しかし、その一方で彼が指摘しているように既存のやり方にこだわる人たちがまだ大勢います。

「講義を静かに聴き、ノートをとり、知識を記憶する」

そんな時代遅れを、いまだ正しい講義のあり方だと思っているのは、現役の講師たちかもしれません。

「講義を聴きながらスマホで分からなかったことを自発的に調べる。EvernoteやOneNoteにメモをクリップする。」

調べれば言葉の意味などすぐに分かる時代です。講義を聴きながらスマホやアプリでメモを残したほうが、あとあと使い勝手がいいはずです。一律の集合研修であっても、このようなやり方をすれば、個人の理解の度合いや興味関心の違いに合わせ「最低限の個別化」はできるでしょう。むしろ積極的に奨励することで、学習意欲を高め、知識の定着を図ることが大切ではないでしょうか。

しかし、そのような行為を許せず、そんな態度を自分に対して敬意を払っていないと解釈してしまう講師もいることは確かです。

「話をまともに聞こうともしない。態度が不真面目だ。やる気がない。」

そう憤っている講師がいましたが、それが時代なのだということを受け入れられず、自分の教え方に魅力がないことの裏返しであることにも気付いていないとすれば、講師失格です。自分の講義に自信があれば、講義中のスマホもパソコンも、自分の講義のために使っているのだと素直に思えるはずです。

「講義は土管。自分の頭の中にある知識を他人の頭に送り込む仕事」

そう言ってはばからない人もいます。しかし、「つなぎ目の形状」が違っていればうまく伝わるはずもありません。「つなぎ目の形状」とは、受講者の感性や興味、関心です。そんな相手への思い遣りのない講義など、面白いはずなどありません。

過去に経験があるから、知識があるからだけでは講師は務まりません。その経験を抽象化し本質を整理して普遍化することが必要です。そして、古びた過去の知識にこだわることなく時代に合わせて知識を補い、自分の知識を常に再構築しなければなりません。

また、講師は芸人でなくてはなりません。話すこと、講義を演出することでお金を頂く以上、お客様である受講者を満足させなくてはならないからです。お客様に「つまらない」と評された芸人はすぐに干されてしまいます。講師も同じです。

「今日の受講生は居眠りばかりしている。態度がなっていない。やる気がないやつなんて講義を受けても意味がない!」

こんなことをいう講師には存在価値はないのです。

講師は時代の変化や受講者の期待を思い描きながらストーリーを描き、演出を考え、現場に臨機応変に対応し相手に感動を与えなくてはなりません。これこそが、AIではなかなかできないところです。そんな適応力と創造性を発揮することが、これまでにも増して「人間の講師」に求められるようになります。

知識と実践の橋渡し

人間の講師とは、そこにこそ役割があるように思います。

【受付開始】ITソリューション塾・第25期

次回の日程が5月16日(火)からに決まりました。詳細日程や正式なお申し込みにつきましては、こちらをご覧下さい。

第25期は、IoTやAI、クラウドといったテクノロジーの最前線を整理してお伝えすることはもちろんのこと、ビジネスの実践につなげるための方法についても、これまでにも増して充実させてゆきます。
また、アジャイル開発やDevOps、それを支えるテクノロジーは、もはや避けて通れない現実です。その基本をしっかりとお伝えするだけでなく、ビジネスに結びつけてゆくための実践ノウハウも、第一人者の講師をお招きし、お伝えします。
さらにIoTやモバイルの時代となり、サイバー・セキュリティはこれまでのやり方では対応できません。改めてセキュリティの原理原則に立ち返り、どのような考え方や取り組みが必要なのか、やはりこの分野の第一人者にご講義頂く予定です。

さて、2009年から今年で8年目となる「ITソリューション塾」の成り立ちについて、少しだけ紹介させて頂きます。

「自社製品のことは説明できても世の中の常識は分からない」

当時、SI事業者やITベンダーの人材育成や事業開発のコンサルティングに関わる中、このような人たちが少なくないことに憂いを感じていました。また、自分たちの製品やサービスの機能や性能を説明できても、お客様の経営や事業のどのような課題を解決してくれるのかを説明できないのままに、成果をあげられない営業の方たちも数多くみてきました。
このようなことでは、SI事業者やITベンダーはいつまで経っても「業者」に留まり、お客様のよき相談相手にはなれません。この状況を少しでも変えてゆきたいと始めたのがきっかけで、既に1500名を超える皆さんが卒業され、昨年からは大阪と福岡でも開講しています。

ITのキーワードを辞書のように知っているだけでは使いもものにはなりません。お客様のビジネスや自社の戦略に結びつけてゆくためには、テクノロジーのトレンドを大きな物語や地図として捉えることです。そういう物語や地図の中に、自分たちのビジネスを位置付けてみることで、自分たちの価値や弱点が見えてきます。そして、お客様に説得力ある言葉を語れるようになるのだと思います。

ITソリューション塾は、その地図や物語をお伝えすることが目的です。

ご参加をご検討頂ければと願っております。

最新版(4月度)をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

最新版【2017年4月】をリリースいたしました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*クラウドについてのプレゼンテーションをインフラ編から独立させました。
*使いやすさを考慮してページ構成を変更しました。
*2017年度新入社員研修のための最新ITトレンドを更新しました。
*新しい講演資料を追加しました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
クラウド・コンピューティング (111ページ)
*「インフラとプラットフォーム編」より分離独立
【新規】クラウドによるコスト改善例 p101-108

開発と運用(68ページ)
【新規】管理運用の範囲 p.37
【新規】サーバーレスの仕組み p.40

インフラとプラットフォーム(211ページ)
*クラウドに関する記述を分離独立
【新規】多様化するデータベース p.127
【新規】クラウドデータベース p.156-158

IoT(101ページ)
【新規】IoTはテクノロジーではなくビジネス・フレームワーク p.16
【新規】LPWA主要3方式の比較 p.52

人工知能(103ページ)
【新規】自動化と自律化が目指す方向 p.14
【新規】操作の無意識化と利用者の拡大 p.21
【新規】自動化・自律化によってもたらされる進歩・進化 p.22

テクノロジー・トピックス (51ページ)
【新規】RPA(Robotics Process Automation) p.17

サービス&アプリケーション・基本編 (50ページ)
*変更はありません

ビジネス戦略(110ページ)
*変更はありません

ITの歴史と最新のトレンド(14ページ)
*変更はありません

【新入社員研修】最新のITトレンド
*2017年度版に改訂しました

【講演資料】アウトプットし続ける技術〜毎日書くためのマインドセットとスキルセット
女性のための勉強会での講演資料
 実施日: 2017年3月14日
 実施時間: 60分
 対象者:ITに関わる仕事をしている人たち

【講演資料】ITを知らない人にITを伝える技術
拙著「未来を味方にする技術」出版記念イベント
 実施日: 2017年3月27日
 実施時間: 30分
 対象者:ITに関わる仕事をしている人たち

詳しくはこちらから

LIBRA_logo.png

新刊書籍のご紹介

未来を味方にする技術

これからのビジネスを創るITの基礎の基礎

  • ITの専門家ではない経営者や事業部門の皆さんに、ITの役割や価値、ITとの付き合い方を伝えたい!
  • ITで変わる未来や新しい常識を、具体的な事例を通じて知って欲しい!
  • お客様とベンダーが同じ方向を向いて、新たな価値を共創して欲しい!
人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。2017年1月6日発売
斎藤昌義 著
四六判/264ページ
定価(本体1,580円+税)
ISBN 978-4-7741-8647-4 Amazonで購入
未来を味方にする技術

人工知能、IoT、FinTech(フィンテック)、シェアリングエコノミ― 、bot(ボット)、農業IT、マーケティングオートメーション・・・ そんな先端事例から"あたらしい常識" の作り方が見えてくる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する