最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

パワポの使い方を教えてくれとの相談に「3つの極意」を伝授した

»

「パワーポイントでプレゼンテーションすることになったんだけど、使い方をおしえてくれない!」

娘から、こんな相談を請けた。パワポ職人を自認する私としては、断る理由もない。しかし、はじめてだという。そんな彼女に何を教えるべきなのか。そこで、次の3つのポイントを伝えた。

onemorething_title-550x308.jpg

1.結果としてどうなっているのかをリアルに伝えること

どのような内容の話しをするにせよ、結果としてどうなっているかを魅力的に伝えることだ。

例えば、商品の提案であれば、商品を説明するのではなく、その商品を使うことが、相手の生活や仕事をどのように変えるのか、そして、それがどれほど魅力的かを伝えることだ。自分が担当する店舗の運営やビジョンについて伝えるのであれば、それに取り組むことで、お客様がどれほどハッピーになり、そこではたらくスタッフが活き活きと働けることを、聞いている誰もが、具体的なイメージとして描けるように生々しく伝えることだ。そうやって、まずは相手の心を掴むこと。

2.伝えたいことを自分の言葉にすること

絵もそれはそれで大切だが、プレゼンテーションで最も大切なのは「自分の言葉」だ。どこかに書いてあった言葉ではなく、誰かの受け売りではなく、自分の言葉を持つことだ。たとえ誰かの受け売りであっても、それを理解し、迷うことなく自分の言葉として自然と話せるなら、それも「自分の言葉」となる。

特に伝えたいと思うか核心部分は、よく考えて、書き出して、何度も推敲してみるといいだろう。書き直しを繰り返すうちに、「なるほど、自分はこういうことを伝えたいんだ!」が分かってくる。そういう言葉が、迫力ある「自分の言葉」になる。

3.伝えることではなく、伝わることをゴールにすること

伝えたという自分の満足で終わらしてはいけない。伝わったという相手の満足を確かめながら、自分の言葉を伝えるといいだろう。

では、確かめるとはどういうことか。それは、聞いている相手の頷き、メモをとる手の動き、こちらへの目線などのメッセージだ。話しをすることで一杯いっぱいの状況で、そんなことができるかどうかは、少々心配ではあるが、相手を見ようとすることで、冷静な自分を取り戻すことができるだろう。

反応が悪ければ、表現を変えて同じことを伝えてみるのもいいだろう。「いまの点はご理解いただけましたでしょうか」と問いかけてみることもいいだろう。そういう相手への気遣いが、「伝わる」プレゼンテーションとなる。

がむしゃらに、一生懸命もそれはそれで好感が持てる。しかし、それに期待して許してもらおうというのは、社会人としては甘えであり、失格だ。「伝わる」ことを全うできて、仕事が完結することを忘れてはいけない。

そんなわけで、パワーポイントはどこかへ行ってしまった(笑)!それでいいと思う。付け焼き刃でパワポの技を磨いても所詮たいしたチャートなど作れるものではない。それよりも、上記3つのポイントを押さえることの方が、よほど効果的なプレゼンテーションになるだろう。

11月改訂版をリリースしました!
ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

  • 「情報セキュリティのジアタマを作る」を新掲載!
  • 「アテにされるためにはどうすればいいのか」そんな新しい講演資料も掲載しました。
  • 他にも大幅にドキュメントを追加・更新致しました。解説文も増えています。

LIBRA_logo.png

【講演資料とトピックス】

【新規】ITソリューション塾・特別講義・Security Fundamentals / 情報セキュリティのジアタマを作る
【新規】講演資料・アテにされる/どういうこと?どうすればいいの?

【サービス&アプリケーション・基本編】

【新規】オープンソース・ソフトウェア(OSS)  p.74-90
オープンソース・ソフトウェアについて、全17ページの新しい章を作りました。

【サービス&アプリケーション・先端技術編】

【新規】IoTに期待される経済価値 p.10
【更新】IoTの2つの意味 p.16
【新規】IoTの仕組み p.17
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの進化 p.18
【新規】IoTの三層構造 p.43
【更新】クラウドから超分散へ p.45
【新規】LPWAネットワークの位置付け p.46
【新規】LPWAネットワーク 通信規格一覧 p.47
【更新】IoTのビジネス・レイヤ p.48
【新規】人工知能の適用領域 p.131

【インフラ&プラットフォーム編】

【新規】クラウド・コンピューティングの起源  p.25
【新規】メインフレーム、クライアントサーバー、クラウド p.107
【更新】ウェアラブル・デバイスの種類と使われ方 p.115
【新規】ユビキタスからアンビエントへ p.116
【新規】2014年以降のMicrosoftの新戦略 p.142
【新規】統合システム(Converged System)の分類 p.191
【新規】ハイパーコンバージドの仕組みと特徴 p.193-194
【更新】コンバージドとハイパーコンバージド p.195-196

【テクノロジー・トピックス編】

【新設+更新】FinTechとブロックチェーンについて新しい章を作り、ブロックチェーンの記述を大幅に増やしました。 p.24-37

【ITの歴史と最新トレンド編】

変更はありません。

【ビジネス戦略編】
追加・変更はありません。ただし、解説文を増やしました。

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する