最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

提案活動はゴールを共有することからはじめる

»

「この案件を獲るために、お客さま内に大きなシェアを持つA社の下でやるのがいいように思っていまして、その辺の関係作りからはじめようと思っています。」

「手近な運用から入り、何を提案すべきかを探った上で、提案をまとめようと考えています。」

「まだまだ、お客さまの考えを十分に聞き取れているとは言えません。もう少し時間をかけて、情報収集をしてから提案しようと考えています。」

こういう話しを聞くと、「本当にやる気があるのですか?」と思ってしまう。

適切なアプローチ・ルートを考えることや、お客さまの情報を徹底的に収集し的確で精緻な提案内容を組み立てることは大切だ。しかし、それは提案をクローズするために必要なことではあっても提案のチャンスを得るためには必ずしも重要ではない。残念ながら、このようなアプローチを続けている限り、いつまで経っても下請けに甘んじるか、自ら進んで競合状況を演出することになる。

まずは意志決定に関わる人が誰かを見つけ出し、その方に会って提案の目的やゴール、すなわち彼らが望む「あるべき姿」を合意することだ。

500_20391528.jpg

例えば、お客様が「メインフレームをやめたいのだが、提案してもらえないだろうか」という相談があったとしよう。これは手段の相談だ。ならば、その手段を使って、結果としてどうなっていたいのだろか。「IT予算の大きな部分を占めるメインフレームを維持するコストを下げたい」がお客様の望む「あるべき姿」であれば、メインフレームを辞めることが必ずしも最良の手段とは言えない。なぜなら、莫大な移行費用がかかる、またメインフレームに最適化それたアプリケーションが移行先の新しいプラットフォームで確実に動くという保証はなく安定化させるまでにトラブルが起きるリスクが高い。

何ら新たな付加価値を生みださないにもかかわらず莫大な費用とトラブルのリスクが高まることが果たして最良の手段と言えるだろうか。コストパフォーマンスの高い小型の最新機種に置き換える、中古機に入れ替えるといった選択もあるかも知れない。「あるべき姿」がコストであるとすれば、このような選択肢の方が遥かに安全で確実なアプローチとなるだろう。もし、「あるべき姿」がコストでなければ、別の実現策を考えなくてはならない。

まずは、ゴールとなる「あるべき姿」を共有すること。そして、一緒になってそのゴールを目指しましょうと握手することが、提案活動の出発点だ。それを実現するルートや手段を具体化することは後でいい。まずは最初に高いところに立ち、そこへ至る最良のルートを探せばいい。

始めるために時間をかけるべきではない。まずは、「あるべき姿」を合意することから、始めてみてはいかがだろう

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2016年2月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

LIBRA_logo

【新規登録】新入社員研修のための2つの教材を登録しました。

新入社員研修のための教材を公開しました。基礎的なことですが、これだけは知って欲しいという内容をできるだけ平易な文章と図解で紹介しています。プレゼンテーションだけではなく、教科書としてMS Wordの解説資料も合わせて掲載しています。

まもなく始まる新入社員研修や基礎的なことが不安という方の復習用にもご活用下さい。

【ITの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:31ページ)
  • 教科書(docx形式:23ページ)

【情報システムの基礎】

  • プレゼンテーション(pptx形式:10ページ)
  • 教科書(docx形式:15ページ)

【更新】最新のITトレンドとビジネス戦略

人工知能に関連した記述を増やしたこと、および、ITや情報システムの基礎的な知識については、「新入社員のための研修教材」として切り出し、そちらでより詳しく解説しています。

【サービス&アプリケーション編】(204ページ)

*スマートマシンと人工知能について、資料を刷新致しました。

  • 2045年までのスマートマシンのロードマップを追加しました。P.119
  • スマートマシンが労働にもたらす影響について追加しました。p.126-128
  • 自動運転車の動向について追加しました。p.129-130
  • 人工知能についてのページ順序を変更しました。
  • 従来の機械学習とディープラーニングの違いを図表に組み込みました。p.149-150

【ビジネス戦略編】(86ページ)

  • 営業人材の育成について、「営業の能力モデル」についての解説を追加しました。( p.72-75)

【インフラ編】(246ページ)

  • 変更はありません。

LIBRA_logo

「ポストSIビジネスのシナリオをどう描けば良いのか」

Amazonでの予約が始まりました。出荷は、1月26日を予定しています*

これまでと同じやり方では、収益を維持・拡大することは難しくなるでしょう。しかし、工夫次第では、SIを魅力的なビジネスに再生させることができます。

その戦略とシナリオを一冊の本にまとめました。

「システムインテグレーション再生の戦略」

si_saisei_w400

  • 歴史的事実や数字的裏付けに基づき現状を整理し、その具体的な対策を示すこと。
  • 身の丈に合った事例を紹介し、具体的なビジネスのイメージを描きやすくすること。
  • 新規事業を立ち上げるための課題や成功させるための実践的なノウハウを解説すること。

また、本書に掲載している全60枚の図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。経営会議や企画書の資料として、ご使用下さい。

こんな方に読んでいただきたい内容です。

SIビジネスに関わる方々で、

  • 経営者や管理者、事業責任者
  • 新規事業開発の責任者や担当者
  • お客様に新たな提案を仕掛けようとしている営業
  • 人材育成の責任者や担当者
  • 新しいビジネスのマーケティングやプロモーション関係者
  • プロジェクトのリーダーやマネージャー
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する