「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

歯の根が残っていて,抜歯すると言われた所に、白いかぶせものを作れた症例

»

 Uさん(50代女性)の悩みは、歯が折れて根だけが残っている部分の治療方法でした。
「やはり抜いて入れ歯にするか、インプラントしかないのでしょうか?」
 都心の歯科医院で治療方針を聞いて以来、Uさんは歯科医院に行けなくなってしまいました。なぜなら今度行ったら確実に歯を抜かれるからです。

 歯の折れ方や歯グキの状態、虫歯の大きさにもよりますが、歯の根が残っていれば抜かずに被せものを作れることが多いのです。
 当院で歯を抜くのは、グラグラ揺れて食事もできないとか、虫歯が大きすぎて歯グキに貫通する穴が開いているとか、誰が見ても明らかに抜くしかない場合だけです。

 前から5番目までの歯なら、プラスチックを用いて歯と同じ白い被せものを作ることもできます。この方法なら笑顔でも金属が見えることはありません。治療費は保険で1万円かからないくらいです。

 今回の症例も被せものを作れる良好な根が残っていたので3回の通院で歯の形を回復することができました。
「抜くのは怖かったので、抜かずに治療ができて良かったです」鏡を見て笑顔になったUさんは輝いていました。

今回行なったUさんの歯の色のかぶせものを作る治療は保険適用で約8,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院
http://www.ireba-ito.com/

東京都杉並区松庵3ー6ー3
℡03-3333-5389

JR中央線西荻窪駅 徒歩7分
駐車場:1台あり

午前 8:30~11:00受付
午後 14:00~17:00受付
予約制ではありません。来院した順に診させていただいています。

休診日 土の午後/木曜日、日曜日、祝祭日

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する