「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

「成活」習慣で奇跡を起こした父の話(4/5)

»

例えばストレス。
万病の原因とされています。他にも食事のバランス、野菜が足りない、運動不足、睡眠不足、体が冷えている、後ろ向きな考え、人間関係が良くない、働き過ぎ、気力が衰えている、方角が悪い、先祖の墓をきれいにしていない、などもあるかもしれません。

何が言いたいかというと、病気の原因は三つに絞られるものではないことです。
歯科保存学でも最近ではこの三つの原因に加えて「時間」という要素があるのではないかと研究され始めているところです。

ことわっておきますと、虫歯の三つの原因や歯科の科学的な研究を否定しているわけではありません。

虫歯の治療は、もちろん歯科医に任せてください。
歯が痛いときは治療すれば早く治ります。
早く快適で幸せな生活を取り戻すためには、科学の力、専門の技術は不可欠です。

ただ、実際に病気を治すのはあなた自身だということです。

あなた自身が虫歯の三つの原因以外の原因を作っているとしたら、虫歯は治りません。あるいは一時的に治っても、また別のことが起こります。
逆にあまり歯磨きしていなくても虫歯が少ない人もいます。それは他の原因が少ないのでしょう。
そのことは私自身が歯科医として日々経験し感じていることです。

このブログを読んでいるあなたは今、何かの病気で悩んでいるかもしれません。
病気を治すヒントがあると思っているかもしれません。

ここまで読んで、「願う、楽しむ、感謝する」って言われても具体的にどうすればいいの? と疑問をもたれる方もいると思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する