テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。

WordPressを高速に動かすKUSANAGIはマストドンも高速にしてくれるのだろうか

»

ツイッター廃人からマストドン俳人にジョブチェンジしました、松井です。

俳人から廃人への距離は徒歩3分程度です。

先週くらいに、どこからともなく、Facebookだったような気がしますが、「KUSANAGI でマストドン動くか試してくれる人いないかなぁ」という声が聞こえました。

なんとなく吉政さんの声のように聞こえましたが...

そんなわけで、試しにやってみたのでその大雑把な説明を書き残しておきます。

その前に、KUSANAGI の簡単な説明を

KUSANAGI - 超高速WordPress仮想マシン [高速化チューニング済みWordPressサーバ]

WordPress を高速に動作させるためにチューニングされた Web Server や Database をインストール済みの OS イメージを提供しています。

そう、つまり PHP のための環境。マストドンはというと、Ruby on Rails。うん。

データベース? Redis と PostgreSQL。はい。

そんな状況なので、KUSANAGI の良さが生きるのは nginx だけという気がしなくもないですが、OS のチューニングあたりに一部の望みを託します。

なお構築の参考にしたのは下記の記事です。

Mastodon を CentOS にインストールする (Docker未使用) - Qiita

KUSANAGI を初期化するところまでやってから、上の Qiita の記事のとおりに進めていけば構築が終わります。

注意点としては

  • ドメイン名の設定は自分のドメインに書き換えよう
  • 「サービス化」の項目のあたりは root で作業しましょう
  • SSL 証明書の作成の半日前くらいまでには DNS の設定を終わらせましょう
  • KUSANAGI を初期化したら /etc/nginx/conf.d/_http.conf と _ssl.conf は移動するなり拡張子を変えるなりして読み込まれないようにしときましょう

といったところでしょうか。

あと、サーバーのスペックについては結構メモリを食うらしいので4GBあるといいみたいです。

どうしても金銭的にきつい場合は 1GB程度のメモリと4GBのSWAPを作るといいようです。

現時点では安定運用のためには技術力以上に経済力が影響するらしいです。

軽い気持ちでお小遣いの範囲でやるなら間違っても100ユーザーとかにならないようにしましょう。

というわけで、本当に大雑把な説明でしたが、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する