テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。

35歳過たからってマネジメントしなきゃダメなんですか?

»

35歳からプログラミングを初めて着々といろんなことができるようになっています、松井です。

高度なスキルを使ってくだらないサービスを作ることが目標です。

現時点での成果はこちら: hentitle.xyz

まだまだ、技術レベルもくだらなさも足りないな...

それはさておき、転職情報を見ていると、35歳を過ぎるとマネジメントとか後進指導のスキルが求められることが多いようです。

でも、それってどうなんでしょうね。

若い頃からバリバリの技術者で油の乗った35歳がマネジメントしなきゃいけないって、おかしくないですかね?

マネジメントとか後進指導って、論理性だけでなく結構な心理戦を要求されると思うんですよ。

それ、技術者の多くは無理なんじゃないですかね。

そういうことに労力を使うと、本来の持ち味が殺されてしまうんではないかと思います。

年齢に関係なく、現在持っているスキルがどの程度のものか。

それを判断して役割を充てるのが正しいんじゃないかと思うんです。

まあ、多くの企業の人事評価制度が意外と年功序列文化に囚われているようなので、致し方ないという感じもしますが。

若くてもマネジメントとか、育成が得意な人もいるでしょう。

60近くなってもその経験の深さと知見を生かして、技術者として飛び抜けた人もいるでしょう。

そういったことを評価できない人事機能を持っている企業って、この先大丈夫なんでしょうかね?

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する