テクノロジーに心も仕事も奪われそうな日々を綴ります。

使い捨てのあいつが意外な活躍をする

»

コーヒーが好きすぎていっその事コーヒー豆に抱かれてカフェインとともにお目々パッチリです、松井です。

主夫業ももう1年半になります。よくここまでやってきたものです。

思いの外大変だったけど、思ったよりは楽勝だったというよくわからないバランスのなかこれからも勤めて参ります。

それはさておき、台所のシンクを掃除するのにちょっとした悩みがありまして。

シンクを洗うのにスポンジを一個使うのってどうなのかなと。一日一回くらいしか使わないし、何故かカビが生えやすいし。

と、しみじみ考えながらいつものようにドリップオン的なコーヒーをいれて、入れ終わったコーヒーの粉をシンクに置いた時です。

あー、ひらめいちゃったね。

入れ終わったコーヒーのバッグ。ちょうどいいんですよ。

大きさも、弾力も、表面のでこぼこも。なんか、ものすごく汚れが落ちそうです。

IMG_0572.JPG

なにやらコーヒーには殺菌作用があるとかないとか。まあ、そこに期待せずとも、とにかくちょうどいい。

実際、これで磨いてみたら具合がいいです。コーヒーの香りをたてながらシンクの汚れが落ちていく。

たとえゴミであろうと、使い道ってのはあるもんなんですね。

Comment(2)

コメント

TanakaJunko

こんにちはー。先日、コーヒー焙煎屋さんに教えていただきました。「出がらしコーヒーを感想、お茶パックに入れてあちこちに置くと脱臭剤になる」ということで、やってます。靴箱、トイレなど。

コメントを投稿する