一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

自分を基準とした絶対的な価値の中で生きるという話

»

自分を基準とした絶対的な価値の中で生きるという話


読んで良かったメルマガからの話

=======================

バイオリニストの川畠成道さんは目が不自由です。


それでも英国王立音楽院で主席となり、

人々に感動を与える美しい音を出します。

彼は著書の中で、

「自分は人と違いますので、それを比べても仕方がないと思っています。


自分自身がどれだけできたか、

ということが自分の価値観になっていますし、

どれだけ納得がいくかいかないかという判断にすべてを置いています」


と述べています。


人と比べる相対的な価値観ではなく、

自分を基準にした絶対的な価値の中で強く生きていく、

その姿勢に打たれます。

~~~

出典

自分を信じてゆっくり進め!

伊藤 真 著

ダイヤモンド社より


=======================

本当にできる人たちは他人と比較はせず、自分と比較するといいます。

他人と比較した時点で、相対的な勝ち負けが発生します。

一般的に他人に勝つと人は上を目指さないのです。

でもそれは仕方ないのです。そこがゴールになっているから。

他人と比較をした時点で負けている時はつらく、そして買っている時は成長はとまってしまいます。

でも、自分との絶対的な価値の中で比較ができれば、いつまでも勝負は終らないのです。

より自分を磨き続けることができるのです。

その勝負はつかれることはなく、人生の充実感や自信を運んでくれるのです。

昨日より今日の自分。

そう人生を歩めるようになりたいですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する