一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

可愛い女の子がウガンダへ1人でボランティア行って、貿易ビジネスしてるって?!

»


友達の話なんですけど、

可愛い女の子がウガンダへ1人でボランティア行って、貿易ビジネスしてるんですよ!

こんな感じですよ!

Photo_5

Photo_6

話聞いた時には、日本の男性より女性の方が勇気があってやっぱりすごいなぁ

と素直に思いましたね。

だって、海外の大学を出て英語がペラペラできる
素敵な女性なんですが、夢もちゃんとあるわけですよ。

「子どもたちに夢を持ってもらうこと、そして、それを叶えられる環境をつくること」

そして

「貧しい国でボランティアをして人の役に立ちたい!」

そんな夢を持っているわけですよ。かっこいいですよね。

男の方がよっぽど頼りない・・・w(僕も含めてですが)

ただ、大学卒業した後は就職して少し中途半端になっていたそうです。
それが、友達の一言で、気持ちを切り替えてウガンダにいく決心になったそうなんです。

「素敵な夢があるのになんでここにいるの?」

「手段が目的にならないようにね」

そう言われて、愕然としたそうです。

それで会社をすぐに辞めることを決意して、そしてウガンダに飛び込んだそうです。

すごい勇気ですよね。僕には到底できないw


しかも、ウガンダですよ!!!みなさん、ウガンダってご存知ですか?

アフリカにある国なんですが、しばらくは世界最貧国と言われていた国で、
まぁかなりの貧しい国なんです。

そりゃ、水や電気だって十分にない所ですよ。

そこにボランティア活動にいこう!!っていう勇気に感服ですね。

で、ウガンダの学校でいろいろ子供たちに教えていたそうですが、彼女自身がそのウガンダで
いろいろ学んだそうなんです。

それは、どんなに貧しくても、心はとても豊かなウガンダの人々で、
純粋な笑顔と優しさをたくさんもらったそうです。
そこには、何が起きても折れない強い心を持っている人がたくさんいたのです。

今の日本人が忘れてしまったものかもしれませんね。

ある時、教えている学校の生徒が半減した時があったそうです。

何があったのか?

校長先生が、学費の払えない人は帰りなさいといったことで、
半分もいなくなってしまったと。子供たちはすっごく勉強熱心にも関わらずですよ・・・

それで、彼女の人生が変わったわけです。

「この学校の支援活動を始めよう!!!」

それから、ウガンダに関わるビジネスをやり始めたというわけです。

一時期は、半年以上ウガンダのオフィスで仕事もしていました。

と、そんな彼女の体験記が電子書籍になって売り出されたので、
ぜひみなさんよかったら、読んでみてください。

僕自身も彼女の夢を応援している応援者として、もっと本が売れることを応援しています。

しかも内容はとっても面白く、とっても勇気のわく、そしてこれから大切な市場であるアフリカ、
そしてその主要な国ウガンダを知るチャンスでもあります。
ある大手出版社から声もかかってたみたいですよ。

こちらから立ち読みもできるので読んでみてください。

YONDEMILL

kindleやkoboでも買えるみたいです。100円です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する