一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

【知っていて損はないビジネスで使える数値のお話】ネット検索しかしない部下。何を気づかせ、どう伝えるべきか?

»

今日は月曜日なので、知っていて損はないビジネスで使える数値のお話です。

とは言っても今日は数値ではなく考え方の問題です。

よく起こりそうな身近な問題です。

あなたの部下がいたとします。

部下は常に分からないことがあっても、あなたや先輩に聞かずインターネットで検索します。

どう対応しますか?

①「上司や先輩の方が良い情報を持っていることがあるから、聞いてみるといいよ」
とアドバイスをし、「それはAさんに聞いてみたら」「それはBさんに聞いてみたら」
とアドバイスをする。

② 「インターネットばかりに頼るのではなく、経験がある上司や先輩に聞いた方が
早いことがあるから、聞いてみるといいよ」と優しくアドバイスをする

よくありそうな問題ですよね。

この問題は最近僕が行き始めた経営の勉強会で学んだことをアレンジして出しています。

こういう場面、似た場面ってありますよね。何が大事で何を伝えるべきなのか?

それでは徐々にヒントを伝えながら解説を行います。もしよければ、考えてみてください。

・・・・
・・・・

ヒント①

そもそもインターネットで検索することは問題なのか?!

これは問題ではないですよね。今の時代、当たり前に利用します。

どれだけ早く、探したい情報を見つけることができるか。
検索能力が求められる時代です。

では、なぜ上司や先輩に聞いた方がいいのか?!

・・・・
・・・・

ヒント②

なぜ、聞いた方がいいのかというと、
それはもちろん、インターネット以上に、先輩や上司の方がよい情報を
持っていることがあるから
です。

ただ、部下はその事に気づいていないだけ。

それをどう気づかせるかが大切なのです

・・・・
・・・・

解答

一つの情報に頼りすぎていることが問題で、他の情報にも当たることで、
もっと問題解決が早くなることがあることを伝える。

ただ、それは他の情報の方が早いことを知っているからこそ分かることで、
体験した事がない人だと分からない。

ネットで十分だし。
聞くのめんどくさいし!
ネットの方が早いし!

と思っている人の方が多いかもしれません。

だから、大事なポイントは、

体験させて、気づかせること

が必要なのです。人は自分で体験していないことを納得することは難しいのです。

特に大人になればなるほど。強制されても一時的もしくは、反感を持つかもしれませんし。

だから、①のようにその問題については、Aさんが詳しいよ!
Bさんならすぐに分かるよ!と実体験をさせる所までアドバイスをしてあげる。

そうすることで、今までネットで満足していたことが、もっといい方法があった
ことに初めて気づけるのです。

その体験があるからこそ、次からは自分で行動をすることができるのです。


Comment(2)

コメント

a-pon

1人で調べて行えば、聞いた方が良い情報を得られると言われ
直に聞けばまず調べろと言われ
私はまず自分で調べて、こうしようと思うのですがどうですか?って聞くのが一番良い方法だと思う。
合っていれば先輩の手を煩わせる事も殆ど無いし、足りていなければ(間違っていれば)アドバイスして頂ける。

空野正輝

a-ponさん

コメントありがとうございます。
調べる側としては自分で調べて考えた上で、良く知っている人か上司に聞くのが一番だと僕も思います。その方が自分のためにもなりますし、言う方もより鋭いアドバイスを行えるはずですので。

コメントを投稿する