一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

受託開発とERPパッケージ開発の違いとは?

»

受託開発とERPパッケージ開発の違いをご存知でしょうか。

先日、部長から受託開発とERPパッケージ開発との違いについて
説明がありました。

まず受託開発ですが、簡単に言うこんな感じです。
(簡単言い過ぎるので酷いかもしれませんが。。。)

お客様から「○○な機能が欲しい」と要望があがる

コンサルタントが「○○な機能が欲しい」伝える

SEが「○○な機能が欲しい」と伝える

プログラマーが「○○な機能」を作る

簡単にいうと、出発点はお客様になり、言われたものを正確に開発していきます。

ではERPパッケージ開発はどうかというと

ERP開発者が「△△な機能」の企画を考える

ERP開発者が「△△な機能」を作る

お客様が「△△な機能」を利用する

簡単いうと、出発点がERP開発者になり、必要な機能を想定しながら開発を行っていきます。

この開発の出発点がお客様かERP開発者になるかの違いが非常に大きいのです。

もちろん、ERP開発者も全くのゼロから作る訳ではありません。
こんなが業務のため○機能が欲しい
△という機能がないとこの業務が回らないので作ってくれ
という意見を頂きます。

一番簡単な例でいうと、
「○○申請書の入力画面に日付をチェックできるボタンが欲しい」
という要望があったとします。

で、この要望は何のためにどういった業務をするために必要なのかを考えます。
業務ベースまで落とし込むと、お客様がしたいことは項目チェックの工数の時間を無くしたい
から日付を正確に入力できたものだけを送ってほしいということだったとします。

そう考えると、上記のボタンを作るのが正解ではなく
申請書送信時に自動で日付をチェックできる機能だったり、
日付を入力した時に自動でチェックできる機能だったり
値が決まっているのだとしたら、初期値として日付を入力する機能だったり
するのです。

お客様が本当は何をしたいのかをとことん突き止めて、期待を上回るものを提供する
のがわれわれの仕事です。

そう考えるときに一番大事なのはお客様の業務調査になります。
本当に何をしたいための業務なのかしっかり理解する必要があるのです。

口では簡単ですがそれが難しいですよね。
今も新しい機能を作るための資料を作っているのですが、大変です。

大変ですが、一番面白い部分でもあります。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する