一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

捕まえた消費者を悩ますのは勿体ない!

»

最近、デジタル一眼レフが壊れました。

写真を撮っている時に突然、画面が縞縞になり撮れなくなりました。

無料保証期間は切れていましたが、無料になるかな。
と思って見積もりを出したら、2万5千円もかかるとのこと。

すごく悩やしい値段です。
修理するのか、新しいものを購入するのか悩みます。

皆さんもこういう時、結構悩みませんか?

X_2

持っているのはCannonのKiss X3という機種で、
昔は8万円ほどしましたが、現在は5.7万円ほど。(価格コムから)

その値段に中古なら大体8掛けの価値で売られているので
現在は4.5万円ほどの価値になります。

つまり、修理する事は2.5万円を出して4.5万円の中古のカメラ
を買う事と同じになります

愛用していたものを半額で買える。
と考えるか、
2.5万円も出すなら新品を購入する。
と考えるか。その場合は違うメーカになる可能性もあります

こんな風に悩んでしまいました。
でも消費者をこういう風に悩ましていいのでしょうか。

すごく勿体ないと思います。

僕にしても、同じメーカか同じ商品を利用したいと思っている訳です。
メーカは特にそのまま使い続けていて欲しいはずです。

悩ます行為自体がすごく勿体ない。

例えば、修理代が3万近くもかかるので、保証期間をサービスするとか、
壊れたカメラを引き取る代わりに、新品を割り引いて販売するとか
悩まさない提案があれば、すぐに購入を決めることができます。

どちらにとってもWin-Winなはずです。

と、僕の願望いれて書きましたが、こういうシチュエーションは多いはず。
ぜひ悩まさずにしてくれればと思います。

ちなみにどうするか検討中です。
修理の担当の方と上記の交渉して、どう判断したかは後日ブログで。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する