一般のSEからみた現状のITやネットや身の回りのことを綴ります

「-3.5Kcal」ずつ消費できる「上りたくなる階段」

»

京都市営地下鉄で、健康増進に役立ててもらおうと、階段の
利用を呼びかける「階段装飾」が開始されました。

Pics
from 産經新聞

「遠い」「疲れる」「時間がかかる」などとマイナスイメージが多い階段
を楽しみながら利用してもらおうと、
「世界最長の階段は11674段」
「階段は人生と同じ。一段ずつ着実に」
「筋肉を鍛えてスリムな足に!」

などのメッセージと階段一歩あがるごとに「-3.5Kcal」消費されると
装飾されています。

ありそうでじつは無かったアイデアですよね。

階段を使った方が体にはいいと分かっていても、やっぱり使わない方が多い。
なにかしら体にはよいっと「イメージしにくい」ものより、「疲れる」
「時間がかかる」という簡単に「イメージしやすい」ものに影響を受けやすい
から
でしょう。

だから一歩あがるごとに「-3.5Kcal」を消費できるという簡単にイメージ
ができるものであれば、プラスイメージがはっきりし利用したくなります

「何かしら良い」とプラスイメージを曖昧にしたままのものって結構
あるのではないでしょうか。

例えば、
家から駅まで歩くこと。
早朝の電車にのること。

プラスイメージをはっきりさせると
駅まで歩く事で茶碗一杯分のカロリーが消費される
椅子に座る事ができて本がよめる

はっきりさせた方が利用したくなりませんか?

この考え方っていろいろなモノに応用できそうですよね。

ぜひ考えてみてください。

自分のことや会社のことでも、なんとなくイメージのままにしたものがないか。
簡単プラスイメージにさせるにはどうしたらよいか。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する