テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

バンコクにできたサイアム高島屋へオススメの便利な行き方(ICONSIAMショッピングモール)

»

2018年11月バンコクに高島屋がオープンしました。

ICONSIAMというショッピングモールと同じ大きな建物に入っています。

このサイアム高島屋、かなり力の入った大型店で、すごい迫力なのですが、もうひとつ画期的なことが。

それはロケーション。

なんと、チャオプラヤー川の西側、つまり、よく知られているスクンビットとか、サイアム、王宮、それこそタニヤ、パッポン、カオサンといったエリアからは(観光客には)ちょっと行きにくいところなのです。

実は、この川の西側エリアにはタイのお金持ちのお屋敷がたくさんあったりします。守衛さんのいるゲートがついた住宅地に住んでいるタイ人からは観光客が多い川の東側は渋滞が激しいこともあり、あまり行きたくないという話も聞いたことがあります。

そういう意味でも、今回の高島屋の出店戦略は、日本人を含む駐在外国人よりもタイの富裕層にターゲットを設定した、これまでにないアプローチではないかと思われます。

実際、行ってみると、そのきらびやかさは、ちょっとバブリーすぎるくらいで、どちらかというと面食らってしまいます。タイのお金持ちを意識するとあんな感じになるのかな。。

それでは、、このICONSIAMバンコク高島屋への便利な行き方をご紹介しましょう。

場所は地図で見るとこのへんです。
taka.jpg

ビジネスや観光でバンコクに滞在する場合は、スクンビットエリアのホテルを利用することが多いと思いますが、そこからはまずBTS(高架鉄道)のシーロムライン、バンワー行きに乗ります。

高島屋の最寄りは、川を渡ったところにあるクルントンブリー駅ですが、その手前(川を渡る前)にあるサパーンタークシン駅で下車します。
IMG_3437.JPG

この駅は、船着き場があって、バンコク名物の渡し船であちこちに行く拠点として便利なところですが、ここからICONSIAMバンコク高島屋へのシャトルボートがあり、それに乗るのが便利で楽しい。

駅を降りると、ICONSIAMはこちら、という看板があるので、それに沿って進んでいきます。

IMG_3438.JPG

駅から少し歩いたところに船着き場があります。
どのピアから出る船だろう?とあたりを見回すと、ちゃんと看板が出ています。
IMG_3439.JPG

けっこう親切ですね。

矢印の方向に進むと、ICONSIAMとASIANTIQUE(少し下流のほうにあるレジャーランド)行き埠頭が現れます。
IMG_3440.JPG

ここで、ICONSIAM行きの船に乗ればOK!

このシャトルボートは、無料です。
IMG_3444.JPG
全般的に、キンキラキンなビジュアルがICONSIAMのトレードマークという感じです。

船のルートはこんな感じ。

IMG_3452.jpg

ICONSIAM、高島屋、その手前のペニンシュラ、川からの姿はかなり迫力あります。
IMG_3450.JPG

5分くらいのクルーズですが、無料で楽しめるのはちょっと得した気分。
帰りももちろん逆向きの船があるので、2度おいしい。

慣れない土地で渡し船というのも、ちょっとドキドキするかもしれませんが、ほとんど電車の乗り換えと変わりません。

船着き場では無料WiFiもつなげます。

IMG_3442.PNG

ということで、まとめると、
スクンビットエリアからバンコク高島屋へおすすめの行き方は、BTSでサパーンタークシン駅へ、そこから無料シャトルボートに乗る。

です。

***********
(おまけ)

このとき、高島屋で、現地の友人にランチをおごってもらいました。お寿司。
これが実においしかった。バンコクの和食はレベル高いですね。
IMG_3455.JPG

そして、何にびっくりしたかというと、お店はローカルのみなさんでいっぱいで、みんな高級寿司を食べてるというところ。
例えば、この写真の盛り合わせは1450バーツ(約5000円)。お手軽価格というわけではないと思いますが、あれだけ賑わっているというのに、タイの今の勢いを感じました。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する