アメリカのIT業界を渡り歩いたビジネスコンサルタントがユニークな切り口で新時代のIT市場を分析

Googleが投資したWest Virginia州の地熱発電設備、18,890メガワットという膨大なエネルギー生産能力

»
Google社ソーラーや風力発電に対して投資し、自社のデータセンターの電力需要に対してクリーンエネルギーの供給を強める戦略を強化している。

最近の発表では、同社がWest Virginia州にある、地熱発電施設を買い取った、と報道されている。この施設、18,890メガワットの生産力を誇り、これは州全体の電力生産量で ある、16,350メガワットを超える量である。West Virginia州の電力生産の大方は石炭火力である、という事も大きな特徴である。

地熱発電は最近非常に人気を集めている。 風力やソーラーと異なり、24時間常にエネルギー供給が保証される、という事が大きな特徴は特徴である。まだ、VCの投資がさほど活発ではないが、 Vancouverをベースとした、Magma Energy社が昨年IPOしたり、大手であるOrmat Technologies等の活動が代表的である。

地熱発電発電の調査によると、東海岸地域においては、Appalachian Mountains(アパラチアン山脈)地方の深さ4~5マイルには電力生成に十分なエネルギーが存在する、とされている。上記の図にも見える通り、地熱 発電が行える領域はVirginia州の都市部にも近い事から、東海岸地域のCO2排出削減にも寄与出来る可能性がある、と期待されている。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する