中堅IT会社の事業企画、経営企画、マーケ、営業、コンサル・・・雑多な経験とマルチタスクに翻弄される日々の徒然と気概をお届けします。

「大沢樹生氏の非実子騒動」について取材依頼がありました

»

「大沢樹生氏の非実子騒動」...もう話題性としては過去のものになりつつある。

けれど、なんでこのタイミングでブログにするかと言うと、当時の感情的な気持ちが収まって冷静になる時間を要したことと、性差による抑圧についての考えに至ることが出来たからだ

事は「大沢樹生氏の非実子騒動」の最中、僕のところに、知り合いの女性ライターの方から取材というか、インタビューというかアンケートの依頼が来たところから始まる。

問われた内容はおおむね以下のようなものだ。

  • 子どものDNA鑑定をした結果、自分との血縁関係がなかった場合、どう感じるか
  • その子どもを変わらず育て続けることはできるか

ということを、男性に対して「自分ならどう思うか?」というものだ。

これを受けた時、自分は嚇怒した。憤怒した。なんて失礼で不遜な質問だ、これを知って「誰かのためになるか?」「傷つくのは誰だ?」って。

彼女(ライター)曰く、「女性と違い、男性は本当に自分の子どもなのかどうかは信頼しかない」とのこと。だが、女性だって「病院における新生児の取り違え」というケースだって有りうることじゃないか。

ここに、女性の「子供への愛情に優位性がある」という考えが透けて見えるような気がした。

で、上記のような質問を統計的アンケートとして分析する場合、YES/NOのどちらかしか答えが出ない、という統計結果が出ることはあり得ない。統計学において2者択一の質問に対してどちらかがnullとなることは無いから、YES/NOどちらの回答もあったはずだと想像する。どちらかの答えしか得られないとすれば、手法やサンプリングとしての不備がある時だろう。

だから、この質問が統計的に正当なデータ収集が出来ていたとすれば

 「DNAは関係なく自分の子供として考え愛情に変化はない」

というパターンと

 「DNAの繋がりのない子供であれば愛情は希薄になる」

という回答が導かれることになる、

では、この、「愛情を失する」という結果に対して、質問は一体誰のためになるのだろうか?そして誰が傷つくのか?と考えると

  • 父親の非実子と知りながら、家庭で育てられている子供たち
  • 父親が非実子であると知りながら、家庭で子供を育てている父母

といった人達だろう。

「愛情を失する」という結果は、それが例え1%程度のマイノリティであっても、苦悩しながら家庭にいる子供は「もしかしたら自分は愛されていないかもしれない」という不安、危惧を感じさせてしまうことになるだろう。或いは父母も同様だ。

僕がこの質問に対して、感情がざわついたのは「父親だったらDNA上の繋がり有無によって愛情が希薄になるのだろう」という、性差による決めつけで「子供たちが不安になるような結果を導く野次馬的好奇心」に違和感を感じたからなんだと思う。

けれども転じて今、僕はこの体験からふと社会、ビジネス環境を顧みた。

そこには、環境や慣習、常識が性差によって、抑圧されていることは多い、ということだ。特に女性に対して。

例えばビジネスの世界で言えば、採用、昇進、評価。或いは、育児休暇後のスムーズな職場復帰、与えられる仕事内容。制度や規定は平等に整備されていても、実際には女性はありとあらゆる場面で、無意識な慣習的抑圧にさらされていることを改めて気づかされた。

今僕は、今回の取材を申し込んできたライターの彼女に対して怒りはない。むしろ感謝したいと思っている。

何故なら今回の非実子騒動に伴う取材は、普段社会の中で、決めつけや抑圧下にある女性の気持ちを、改めて男性である僕が知ることが出来た貴重な体験だったから。

少子高齢化によって、労働人口がピークアウトしていくことが明白な現在、僕らはこれらの慣習、常識を変えていかなければならない。無意識な抑圧から女性を解放していかなければならないのだ。

<了>

正林俊介

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する