主にテクノロジー×ビジネス×イノベーションについて考察・刺激・アイデアなどを

発展するインドのスタートアップに機会を見出せ SLUSH TOKYO 2018

»

SLUSH TOKYO 2018 が2018年3月28-29日ビッグサイトで行われた。そのメインステージからインドについてのセッションを取り上げたい。

「Overview of Indian Startup Ecosystem」と、それに続くSLUSH CafeでのQ&Aから:

インドのスタートアップ・エコシステムは目覚ましい発展をしている。2014年就任のモディ首相のリーダーシップがこれを加速し、2016年からのイニシアティブ「Startup India」は有名だ。いまやインドはスタートアップ数で世界2位で、その中でのテック系の比率も高い。そして、ユニコーンがどんどん生まれているそうだ。

なお、昨年次の記事に記したように、自治体レベルでもアグレッシブな動きが目立つ。

インド・新IT都市と日本企業 「フィンテック連携」の舞台裏

IMG_5676.JPG

IMG_5678.JPG

IMG_5680.JPG

IMG_5681.JPG

IMG_5690.JPG

Vikram Upadhyaya, Founder, GHV Accelerator ら登壇者たち(上)

インド有数のアクセラレーターでありベンチャーキャピタルであるGHVの創業者Vikram Upadhyaya氏は、GHVの投資ファンドにWiLやセガサミーが投資し、GHVが株主のスタートアップに日本交通やFINCが投資していると、日本との懸け橋となっている例を紹介した。(ちなみに、筆者はUpadhyaya氏との友情でGHVのAdvisorに名を連ねている)

GHVはアーリーステージに強いが、ソフトバンクグループのように大きな規模でのレイトステージ投資も始まっている。インドのスタートアップに日本企業が機会を見出すのは、すでに起こっている現実であり、おそらく10年後には数も成功例も増え、珍しくなくなっているだろう。

Vikram Upadhyaya, Founder, GHV Accelerator(下)

IMG_5713.JPG

IMG_5737.JPG

Dupty Chief of Mission at Embassy of India, Tokyo(下)

IMG_5789.JPG

Sumit Jane, Co-founder/CEO, Opentalk(下)

IMG_5777.JPG

ちなみに、2013年に次の二つの記事を書いたころから長足の進歩を遂げている。

日本人も、うかうかしてはいられない!目を輝かせチャレンジするインドの起業家たち――Geeks on a Planeインドは面白かった!【前編】

えっ!と驚くビジネス・モデルインドだからこその革新的なスタートアップたち――Geeks on a Planeインドは面白かった!【後編】

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する