文系学部からITベンチャー企業へ進んだ男が考えていること、感じたこと、未来のことなどを書きます。

連休終わりの焦りのようなもの

»

夜11時〜12時になると、途端に焦る自分がいます。
特段、連休最終日には焦りが出てきます。

皆さんはこういうことあるでしょうか。ベテランの方は自身の20代の頃のことを、僕と同じ世代の方はまさに今のことを思い描いて聞かせてほしいものです。
「休日は充実しているから、そんなことない」
という方も多いとは思いますが、
よく言うサザエさんシンドローム

(日曜日の夕方から深夜、「翌日からまた通学・仕事をしなければならない」という現実に直面して憂鬱になり、体調不良や倦怠感を訴える症状の俗称)

ではないのです。

今の自分に満足していないことが漠然と襲ってくるのかもしれませんが、
」があるからでしょうか。
毎日忙しくしていればそんな事を考えずに前に進んでいけるということでしょうか。

僕は、生きていく上で心の余裕は必要だと思っていますが、
休日は事前に「ここまでやったら今日は満足!」というラインを引いておいてそれに向けて過ごすということをすれば良いのかなと思っています。

アリババグループの創業者、ジャック・マーの記事を見ました。
【イラスト解説】世界を熱狂させる「ジャック・マー全史」 ジャック・マーは、子供の頃から決して恵まれてはおらず、学歴も、職歴もよくなかったといいます。

生まれながら背丈は小さく、独特な容姿もあり、同級生にいじめられてはケンカを繰り返す問題児。成績は悪く、とりわけ数学は壊滅的だった

それでも数々の失敗を乗り越えてアリババグループを中国No.1の企業に育てました。

僕も1日の満足ラインの設定とジャック・マーのように「永久不放棄」(絶対に諦めない)精神で継続を日々繰り返していくことで、「点」と「点」が「線」となっていくのだとブログを書いていて思いました。

私、穂苅智哉の情報は、以下のFacebookページTwitterアカウントを御覧ください!
※友達申請をいただける方は、お手数ですがメッセージを添えておねがいいたします。

Facebook https://www.facebook.com/tomoya.hokari.79

Twitter https://twitter.com/tomoyanhokarin

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する