ヤルキ、ゲンキ、ユウキ、ホンキ、○○○、あなたは5つ目に何を想像しますか?あと素敵なタイ旅行は好きですか?

カンボジア日帰りビザ取りツアー タイブログ

»

もう結構前のことになるが、諸事情でビザの延長が必要になった。
日本大使館でビザ延長の手続きを行っている時間もなかったので、
急遽、日帰りビザ取りツアーへ参加した。

使った日帰りビザ取りツアーはこちら。
jack total golf international(ジャックゴルフツアー)
http://www.jackgolf.com/jp/visa_run/index.html#Cambodia

電話1本ですぐに予約できる。
名前を言って集合場所を教えてもらって終わり。
受付は日本語でOK。前日でも予約OK。

事前に用意が必要なもの
【証明写真1枚(サイズ問わず)】
忘れるとツアーに行けない。
写真はバンコクの写真屋で作るといい。
街中のあちこちにある。

僕の場合は、何枚かの写真が1枚になって100B(300円)程度
だった。余った写真は今後の為に捨てずに取っておくと
役立つだろう。

日帰りツアーの概要は、
朝5時にVIPバスでバンコクを出発してアランヤプラテートへ行き、
陸路でカンボジアのポイペトへ抜ける。

そしてまたすぐにアランヤプラテートへ戻り、
再びVIPバスでバンコクへ向かい昼過ぎにはツアーが終わる。

このツアーを利用することで、現在ではビザが
15日延長される。

以前はビザが30日延長されたが現在では
15日に短縮されている。(空路は30日)
バックパッカー対策だ。

実際の動きを時系列で説明しよう。
まず、朝5時に出発するので30分ぐらい前に
スクンビット・ソイ12のセブンイレブンに集合する。
(最寄り駅はBTSアソーク)
Rimg16711

買い物をしてボーっと立っていたらジャックツアーの
係員からツアー参加者かと声をかけられたので、
そうだと答えたらすぐ近くの広場に案内された。
Rimg16712

目が覚めるぐらいの明るさのスポットライトが
怪しげな(?)バックパッカー達を映し出す。
Rimg16710

簡易な受付所。ここで名前を告げる。
ツアー客は主に白人が多い。
日本人は僕1人だった。
Rimg16708

証明写真を渡して申請書に記入する。
それと入出国カードにも記入する。
Rimg16705_2

受付を済ませたらバスに乗り込む。
ちょっと緊張する。乗客は10人ぐらいだった。
Rimg16717

Rimg16714

バスの中はこんな感じ。リクライニングも利くし、
VIPバスというだけあって一席の幅も広い。
ただ、冷房は少しキツいから女性は注意が必要だ。
Rimg16719

朝8時頃にアランヤプラテートへ到着して、
すぐにイミグレーションに並ぶ。混んでいる。
Rimg13907

ガイドは誰よりも先にイミグレーションを抜けて、
出口で待っていてくれる。
Rimg13908

人生初のカンボジア入り。こんなことでカンボジアに
来ることになるとは思わなかった。
Rimg13909

ここは間違いなくカンボジアである。
しかし街の雰囲気はあまりタイと変わらない。
閑散としており、ミャンマーのタチレクのように
物乞いやツアーガイドが押し寄せてくることはなかった。
Rimg13912

ちょっと街中を歩こう…と思ったらガイドから声が
かかり車に乗れと言われる。
車と言うかゴルフカートみたいなやつだ。
Rimg13921

ホテルに到着してすぐにレストランへ案内される。
ここで1時間ほど待つことになる。
Rimg13936

レストランはあまり期待していなかったのだが、
思ったより味もよく、きちんと調理されていた。
Rimg13923

オムレツなどを注文するとその場で作ってくれる。
Rimg13927

パンも種類がたくさん用意されていた。
Rimg13930

寝不足であまり腹が減っていないが、、
がんばって食べることにした。
Rimg13933

レストランは広くて快適だ。
Rimg13926

カジノで15分ほど遊び500B負ける…。
バーツが使えるとわかりつい遊んでしまった…。

午前10時。
再びポイペトのイミグレーションへ向かう。

戻る途中に暇そうにしていたオマワリとタイ語で話す。
なんとなくカンボジアも僕のテリトリーに出来そうな予感がした。
Rimg13943

ポイペトはカジノを売りにしたホテルが建ち並ぶ。
Rimg13944

Rimg13945

街を観光している時間もなくイミグレーションで
またタイへ入国する。これで15日間ビザが
延長されたことになる。
Rimg13946

タイへ入国してすぐにVIPバスに乗る。
途中混雑に合ったり、なぜか途中のガソリンスタンドで
のんびりと給油が始まり、到着予定の1時間押しで
15時にBTSアソークに到着。

アソークまで行かずに途中で降りたい人は、
お願いをすれば目的地の近くで降ろしてもらえるようだ。

日帰りビザ取りツアー(ジャックツアー)に参加した
感想としては非常に急がしかった。

当たり前だが観光というよりビザ取りが目的なので、
街を見ている余裕はほとんどない。

逆に言えば、ジャックツアーの段取りが良く、
テンポ良く進行されたとも言える。
あくまでも目的はビザ取りだ。

2100バーツ(3円計算で6300円)ならば高くはないと思うが、
緊急の場合のビザ取りツアーと考えるのが妥当だろう。

もしくはちょっとだけカンボジアをのぞいてみたい人、
カンボジアのカジノがどの程度のものかを偵察したい人には
良いかもしれない。(バーツはタイ側で両替してから行った方がいい)

僕としてはカンボジアも悪くない予感がしたのに、
不完全燃焼なのでカンボジアも攻めなければ
いけないと思っている。良いきっかけにはなった。

万が一、ビザが切れそうな事態になったときのために、
ビザ取り日帰りツアーを覚えておくと良いだろう。
もし、この記事が役に立った人がいたら、
ぜひ感想など一言コメントを残してもらえると嬉しい。
また、この手の記事を書こうという気になる。

それじゃ、今日もマイペンライで行こう。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する